ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

失望はさせない、海外のファンによる『寄生獣』のレビュー

寄生獣


ある日、空から未知の生物が地球へと飛来してきた。
その生物は人類へと寄生し、その脳を乗っ取る。
その生物が人類に寄生した時、本能として受け取るメッセージがあった。
「この種を食い尽くせ」と―――

主人公、泉新一はある日うたた寝をしているところを寄生生物に襲われる。
右腕から進入してきた生物を、脳に寄生する前に辛くも防ぐことに成功した新一。
しかし右腕はその生物に寄生されることになってしまった。
新一はその生物にミギーと名づけ、こうして新一とミギーの奇妙な共生生活が始まるのだった。

アフタヌーン増刊からアフターヌーン本誌で1990年1月号から1995年2月号にかけて連載され絶大な人気を誇ったこの漫画、作者・岩明均の持つ乾いた描線と寄生生物のシュルレアリスムのような造形、ホラーを含むアクション描画、そして命とは何か?を問いかけるテーマが絶妙なバランスで組みあがった傑作SFです。

海外でも翻訳版が出版され、その際日本とは左右逆の開きのためミギーがレフティ(左)と改名されたのも有名な話です。
さて、そんな寄生獣(英語圏だと『Parasyte』)海外ではどのように読まれているのでしょうか?

wikipedia
ソース

スポンサーサイト
はてなブックマークに追加

tag : 海外の反応 翻訳 寄生獣







アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=