ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

「日本の出版社37社がアメリカ向けに漫画ポータルサイトを設立」に対する海外の反応

ハッピー

 国内の有力出版社37社が共同して、北米のマンガファンに向けた総合ポータルサイトを設立する。「Jマンガポータルサイト」と仮称されたサイトを設け、ここから各社が権利を保有するマンガ作品をデジタル配信する。北米のマンガファンがそこに訪れれば、ほとんどの日本のマンガが分かることを目指す。
 サイトの構想は11月12日に東京・秋葉原UDXにて開催されている電子書籍・コミックサミット in 秋葉原で行なわれた講演会で集英社の鳥嶋和彦専務取締役が明らかにした。鳥嶋氏の講演は集英社のデジタルコンテンツ戦略を語るもので、この構想は海外向けのネット戦略のひとつとされた。

 鳥嶋氏と集英社の担当者によれば、このマンガポータルサイトは国内の大手出版社のほとんどが参加するデジタルコミック協議会をベースに進められる。既に制作準備、各社のヒヤリングに入っており、年内にはβ版のオープンを目指す。来年3月に本格的な配信をスタートする。
 配信作品は各出版社の意図に基ずくとしており、現段階で、作品タイトル、作品数は発表出来ないとした。デジタルコミック協議会には、秋田書店、角川書店、講談社、集英社、小学館など、国内のマンガ出版大手が参加する。2011年に向けて、日本のマンガ業界の北米直接進出が一気に進むことになる。

デジタルコミック協議会
[参加出版社]
茜新社、秋田書店、アスキー・メディアワークス、イーストプレス、一迅社、エンターブレイン、オークラ出版、宙出版、学習研究社、笠倉出版社、角川書店、幻冬舎コミックス、講談社、実業之日本社、集英社、ジュネット、小学館、小学館集英社プロダクション、祥伝社、少年画報社、新書館、新潮社、竹書房、辰巳出版、徳間書店、日本文芸社、白泉社、富士見書房、扶桑社、双葉社、フランス書院、ぶんか社、芳文社、マガジンハウス、メディアファクトリー、リイド社、リブレ出版

アニメアニメ!


以前、日米の漫画出版社がスキャンレーションへの法的措置を行うという記事を紹介しましたが、その続報は日本の出版社が共同で海外向けに配信用ポータルサイトを立ち上げるというものでした。
おそらくスキャンレーションへの警告はこのための布石だったのでしょう。
今のところ北米向けのみのようですがいずれは全世界へと配信するのでしょうか?

このニュースは海外でも驚きと興奮を持って受け止められています。

引用元:animenewsnetwork.com

スポンサーサイト



はてなブックマークに追加






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=