ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

銃社会アメリカ「我々は日本から何を学べるのだろうか」:海外の反応

銃規制



アメリカでは銃の乱射事件が続発しています。
そんな中、ワシントンポスト紙がネットで『アメリカは銃による死者がほぼゼロの国から学べるだろうか?』という記事を掲載し多くの反響を呼んでいました。

この記事では日本の銃火器法は非常に厳しく、個人が銃を持とうと思ったら1日がかりの講習を受け、筆記試験、メンタルチェック、犯罪歴の調査を行うといった厳しい審査があり、更に銃と弾薬は別々に保管して1年に1度警察が銃の点検をして3年に1度免許の更新をしなくてはいけない事に触れています。
また、アメリカと日本の違いはアメリカの法律が銃を手に入れやすくするように作られているのに対し、日本の法律は銃を手に入れにくくするようになっていると指摘しています。
これは文化的・歴史的な違いでアメリカの法律がイギリスの銃規制に対抗して作られたのに対し、日本の場合は侍の刀を取り締まるために作られた法律が元になっているからだろうとも。
また、日本は警察や地域の努力によって銃犯罪が低く抑えられているのに対し、アメリカの文化・政治文化には侵されざる物があるとも書かれています。
即ち”個人的自由”。
個人の自由と公共の安全は容易に比較できるものではないが、日本はそうする事によって何千人もの命を護っており、それが本当のコスト(訳注:ここでは実質的な利益の事)となっていると。




引用元:washingtonpost.com



スポンサーサイト



はてなブックマークに追加






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=