ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

「キャプテン翼がやってなかった国なんてアメリカだけだろ」外国人が自国で放送していた日本の子供向けアニメを語る

キャプテン翼


今では数多くのアニメが公式にネット配信されるようになりましたが、それはほとんどが深夜アニメで子供向けのアニメは今でもテレビで放映されるのがメインの様です。

海外のサイトでアメリカでは放映されていない日本の子供向けアニメを紹介した記事がありました。

引用元:7 Japanese Kids’ Anime That American Kids Will Never, Ever See


そこで紹介していたアニメは以下の通り(説明は何故アメリカで放映してないかの考察についての抄訳です)

1.名探偵コナン
深夜アニメ枠AdultSwimでは放映されていたが、子供向けには放映されていない

2.Dr.スランプ
スーパーマンやストーム・トルーパーのパロディが数多くあり、アメリカで放映するのは難しそうだ。

3.忍たま乱太郎
血まみれの戦闘があるナルトに比べたらまだ無害ではあるが、背中に手裏剣が刺さった死体があったり、地雷原を通り抜けたりする事もあるのでアメリカの検閲を通過するのは難しいだろう。

4.アンパンマン
日本のパンを元にしたヒーローばかり且つ25年以上続く超人気番組なので、アメリカ向けへのローカライズの手間と高くなるだろうライセンス料からアメリカでの放映はなさそうだ。

5.クレヨンしんちゃん
『しんちゃん』というタイトルでかつてAdultSwimで放映した事もあった。
本来のターゲットである子供向けとして放映する事はなさそうだが、吹き替えしなおして子供が主人公の大人向けカートゥーンとしてならまだチャンスがありそうかも。

6.おじゃる丸
アメリカの子供達がおじゃる丸のちょんまげやクラシックな服装を理解する事はできそうにないだろう。
加えておじゃる丸の原案者が自殺してしまった事も公表するのは難しいだろう。

7.ゲゲゲの鬼太郎
鬼太郎を手助けする父親は目玉の姿をしていて、鬼太郎の左眼窩に住んでいる。
アメリカのテレビプロデューサーが子供達にはちょっと、と思うのも無理はないだろう。


次点.火垂るの墓
日本では『隣のトトロ』と同時上映され、彼の国の子供たちにトラウマを植え付けただろう事は想像に難くない。





この記事に対して自国の子供向けアニメ事情が数多くコメントされていました。


スポンサーサイト



はてなブックマークに追加






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=