ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

「シュタインズゲート、C、あの花」2011年春アニメを見た海外の反応その9の2

2011春9の2

2011年春アニメ、海外の反応その9の2です。

『シュタインズゲート』は過去改変による影響がオカリンの上に圧し掛かってきます。
『C』は金融街の影響が人間世界に波及しはじめ、『あの花』はめんまの死に囚われ続けている登場人物たちの関係に更なる軋みが生まれてきました。

■シュタインズゲート:第9話「幻相のホメオスタシス」:引用元
シュタイン9

●カナダ:男性
フェイリスエピソードだったか。
D-メールを送るたびに大きな変化が起こっていくな。
岡部の気が狂ってないとしても、このアニメの終わり迄にはそうなってそうだ!

●アメリカ:女性:20歳
『とらのあな』ってこのエピソードの中間くらいで岡部とまゆりとダルが行ってなかった?
私、ちょっと混乱してるわ。

●ニューヨーク、アメリカ:女性:17歳
「ニャンニャン、ではない!」
岡部の言う事はいちいち面白いわね。
クリス(ティーナ)との電話越しのやり取りも素晴らしかったわ。
このアニメは本当にエピソードの度に高評価になって行くわ。
5、6話の時点で凄く楽しめるようになってた。
様々な変化によって彼が何を失い、どう修復させようとするのか、今から待ちきれないわ。

それとまゆしぃが「遠くに行っちゃうような気がする」って言ってたけど、どういう意味なんだろう。
彼女は岡部の変化、あるいは何かが違っている事を感じているのかしら?

●ヴィリニュス、リトアニア:男性:21歳
シリアスになってきたな。
”彼女にメールを遅らせちゃ駄目だ”ってのは気に入った。それをやると何もかもがおかしくなっちゃうからね。
でも、いい事が起きたんだと思うよ。
マッドサイエンティストが行動を起こそうとしているから面白くなりそうだ。
フェイリスは何をメールしたんだろう?
言うまでも無く、それはラボメンとの関係を変える内容を含んでいたんだろうな。
もう死にそうだよ、別のエピソードが今すぐ必要だ。

●男性:27歳
>『とらのあな』ってこのエピソードの中間くらいで岡部とまゆりとダルが行ってなかった?
あの秋葉原はもう我々の知ってる秋葉原じゃないんだ。

このアニメでの以前の、そして我々の世界での秋葉原は全てのオタクの聖地だった。
フェイリスがメールを送った後の秋葉原はただの家電タウンになってしまったんだよ。

●男性:19歳
シュタインズゲート…毎回俺の背筋を寒くさせるよ。
グハ…もっと見たいぞ!

●テネシー州、アメリカ:男性
彼女、街中を変えちゃったのか!

●男性
>それとまゆしぃが「遠くに行っちゃうような気がする」って言ってたけど、どういう意味なんだろう。
岡部が過去を変える度にちょっとずつ遠くに行ってるって事じゃないかな。
彼は記憶してる事をみんなに説明しようとしてるけど、彼らが岡部の事を信じているかどうかすら分からない。
岡部は他の人とは全く違う経験をしているから、彼らとのコミュニケーションがチグハグになるんだ。
今回のエピソードでメタルウーパが出てきたけど、彼はこう聞いていた。
「まだメタルウーパ探しているのか?」と。
それを聞いたまゆりはちょっと混乱してた。
確かにウーパコレクションは彼女の趣味だけど、岡部は一度彼女にメタルウーパをあげていたから、この世界線でまだ彼女が探していた事に驚いていたんだ。
記憶を持ち続けている事によって、本質的に岡部は世界線を渡り歩くという事になる。
彼が知っている人達はみんな同じ人達かもしれないけど、彼にとって全てが不確かなんだよ。
そして彼が世界線を移動すればするほど、彼はより遠くに行ってしまう事になるんだ。

●モントリオール、カナダ:男性:23歳
『C』と同じだな。
力を持った人間は、その世界に与える影響も大きくなる。
フェイリスの場合は…

●男性:16歳
クソ、オカリン秋葉原を崩壊させちまったのか。
D-メールを送るのを止めてくれ、さもないとあらゆるオタクカルチャーが無くなってしまうぞ。

5点満点、あのラストは自分がまるで無力なような、奇妙な感覚を与えてくれたよ。

●不明
エンドロールクレジットが回っているとき、このアニメの”イントロダクション”が終わった事に気づいたよ。
次のエピソードからがこのアニメにとっての本番だ。

●ケベック州、カナダ:女性
紅莉栖、可愛いぃぃぃぃぃ。
それと…ワオ(驚)事態はメッチャシリアスになってきたわね!
正直言って、岡部は個人的なメールは送らないようにと萌郁に言ってたのに、フェイリスの時にはそれを忘れてたわね…それってかなりの大失敗だったんじゃないかしら。

●不明
待て!フェイリスの家族って本当に存在するのか?
秋葉原の所有者って…?

●トロント、カナダ:男性:19歳
よし、フェイリスのメッセージが何だったのか知りたがっている人のためにこの見解を送ろう。
ラボのメンバーが執事に出迎えられたのに気づいただろうか?
タイムワープの後だと彼女の父親が部屋にいた。
タイプワープの前、彼女の父親はどこにいたんだ?
彼は家の中にいたのか、それども他のどこかにいたのだろうか?
フェイリスの家族があの辺の土地を所有している?
彼女が萌えタウンを作った?
彼女の父親が出現した途端、普通の街になってしまったのは何故だ?

俺が言えるのはここまでだ。

●タルトゥ、エストニア:男性:20歳
かなりショッキングな展開だったな。
秋葉から萌えが消えてしまった事による岡部の衝撃は想像も出来ないよ。

●不明
オーマイガ!オカリンのした事に凄いショックだよ…起きた事について言うのは凄く難しいな。
でもいくつか言える事は、るかは本当の女の子になったって事と、フェイリスは凄く萌えるって事とかなんだけど、D-メールによって何もかもが変わってしまったのを見て、もう全部忘れてちゃったよ。

●男性
ホーリィシット、秋葉が秋葉でなくなっちまった。

●リンブルフ、ベルギー:男性:18歳
タイムマシンが消えちまったら最悪だな…

●マンチェスター、UK:男性:25歳
↑それが起こるのを待ってるんだけど、それをやると物語が終わっちゃうからしないだろうな。
遠い過去で岡部とダルが出会わないとか(10年前にメッセージを送れるわけだし)、何かが変わってタイムマシンが作られないって事になればそれもありえない訳じゃないと思うけど。
彼の記憶には全てが残っているのに、彼には何も出来ないんだ。
彼は電話レンジを作ろうとするだろうけど、どうやって作るのか、そもそもどういう原理で動いているのかすら知らないんだよな。

●イングランド:男性:16歳
『バタフライエフェクト』は俺の好きな映画の1つなんだ。
このアニメは本当に好きだ。
このアニメは本当に上手く時間超越を描いていて、大好きだよ。

●男性:22歳
むむむ、俺は第1話を見直してみたんだけど、屋上で岡部に合図してる人物が鈴羽であることに気づいたよ。
このフォーラムにとっては古いニュースだろうけど、同じ時に紅莉栖が刺されているというのは凄く興味深い事だと思う。
(彼女はこのアニメで常に紅莉栖に憎しみを向けているし)
それだけじゃない、彼女が死んでいるのを”本物の”岡部が見る前、彼が聞いた叫び声は彼と同じ声だった。
スタッフが視聴者をからかおうと思ったり、その声がさほど重要じゃないから同じ声優を使ったという事じゃないとしたら、テキストメッセージより理解しやすい方法を選んだという事なのかも知れない。
僕のように考える速度が遅い人たちのために。

●不明
実際の所、このエピソードにはいくつか奇妙な所がある…
るかが性別を変えたとき、みんなは再び萌郁の事を知っていて、彼女はラボの一員になっていた。
でも、彼女がラボにいた理由はIBN5100がそこにあったからで、それが無い今、彼女は何でそこにいるんだろう?

●テキサス州、アメリカ:男性:23歳
えぇぇ、ちょっと混乱してる。
もし今の世界線で彼らがIBN5100を取得して無いなら、なんで紅莉栖は物質をタイムトラベルさせる事のSERNのレポートを知ってるんだ?
彼女は「SERNのレポートでも物質をタイムトラベルさせる事は難しいって」的な事を言っていた。
SERNの物を見るためにまず必要なのがIBN5100だったよね?
エピソード5でダルが部品を欲しがってたのもそれが理由だし、エピソードの大部分がその事に費やされてた。
岡部/紅莉栖/ダルがSERNのタイムトラベルの困難さについて書かれたレポートを読んでたのもIBNだったし。
(”Now Loading”ってスクリーンに出てた)


■C:第8話「confidence(信用)」:引用元
C8

●オランダ:男性:20歳
三國VS公麿の始まりか…
後3話でどうやってまとめるんだろうか。

●女性
真坂木って前のエピソードで金融街担当じゃないって言ってたわよね?
今の彼は力で持ってコントロールしている者の様に笑っているわ。
ハハ、正直言って何がどうなってるのか全然分からないけど、それでも好きだわ。
確か、金融街って個人や何人かのアントレが作ったんじゃないわよね?
ただそこに存在してたのかしら。

●男性
確かにこれがどこに向っているのか分からないな。
とにかく、金融街の資産が消えると国が消えるのか?
真朱は公麿の妹なのかな?
彼の父親と真朱には繋がりがある様に聞こえたんだけど。

今でも三國は悪い奴には見えない。
彼は公麿の未来だって護ろうとしているし。
羽奈日がちょっと出てきたけど、彼女はそれほど重要じゃないだろうな。
これは本当に混乱してきたし、詰め込んできてるようにも見えるな…
これが11話じゃなくて24話である事を願ってるよ…

●メリディアン、アイダホ州、アメリカ:女性:16歳
面白かった。
真朱の事が興味深いわ…ちょっと公麿の娘っぽく見えたけど…奇妙ね。
あの未来の映像は本当に酷かったけど、未来がどうなるかというポイントだったように感じた。
あちこちで消えていく人達は本当に最悪だったわ。
彼らの大事な人達もまとめて消えていってしまうのね。
もちろん覚えているんじゃなく、ただいなくなってしまうのよ。
最後に羽奈日について。彼女に何が起こったの?
彼女、金融街に関わってたのかしら?

●不明
凄く面白くなってきたな。
ブロンドの女性が母親で未来の娘が真朱か…
あのブロンドは誰なんだろう?

●台北、台湾:男性:18歳
真朱は公麿も知らない、彼の失われた妹って事はないかな?

●19歳
真朱が公麿の妹ってのは信じられないくらい興味深いな。
でもそれは彼の未来なのか?失われた未来なのか?

●男性:22歳
このエピソードを見始めたとき「あれ、1話見逃した?なんでこうなったのか思い出せないんだけど」って思ったよ。
終わりまでには何が起こっていたのか理解したけど、同時にもっと気にかけるべきだったと思い始めてきたよ。
全然悪いエピソードじゃなかったんだけど…何かを見落としてるような気がするんだ。
それと、急に触手が出てきたな(笑)

●不明
俺はマジで公麿×真朱を推してたんだが、もしこれが父娘の関係で終わるとしたら、このアニメは大失速だよ(-_-)

●不明
お金に関する会話の全てが俺を経済学に戻れと思わせてくれるよ…

●シドニー、オーストラリア:女性:18歳
『妄想代理人』的な終わり方になる気がするわ。
彼らは信用について話し続けていたし、それこそがこのアニメのテーマなのよ。
それとみんなが金融街のお金を当てにしている以上、それを失い始めたら彼らの希望も信用も減っていくのは明らかよね。
全てのお金を失うというのは全てを失うようなものだし(お金が無ければ生きられないってのは常識だし)、実際彼らは全てを失っているわ。
もっともこれはただの憶測で完全に間違いだと思うけど。
最後の3話が待ちきれない。長いわ(T_T)

●男性:22歳
どうなるのか本当に分からないけど、三國が防衛用のファンドを作るから最終的に日本は消えないのかな?
それと、たくさんの物が消えていったけど(東南アジア金融街によって)これって他の地域の価値が上がったって事なのか?
それとも、その影響で他の金融街も全て死んでしまうのか?
うーん、見落としてるみたいだ。

●不明
マジヤベェ。
巨大な触手が金融街を破壊した所は「何だこれ」って感じだったよ…

●不明
みんなこのエピソードで重大な事が起きたと言ってるし、自分はこのエピソードのCMYKカラーについてのみ言おう。
ジェニファーのセフィラ(生命の樹:wikipedia)はマジェンダで、公麿はシアンだ。
それとタロットの”愚者”は真坂木と良く似ていて、これは凄く強力なカードだ。

●ブリティッシュコロンビア州、カナダ:男性:20歳
真朱は公麿の娘ってのがネタバレかぁぁぁぁぁ。
過去、未来に関わらず全てのアセットがアントレの人生に関係してるんだな。

●女性
私は三國と公麿が敵同士になるという感じがしないのよね。
公麿は三國の見ているものを見てないけど、二人は同じ側にいるのよ。
そう思うわ。

●リスボン、ポルトガル:男性:19歳
シット、これは大当たりだ。
素晴らしい展開だったし、今期のアニメの中じゃ最高のエピソードの1つだな。

●ブリティッシュコロンビア州、カナダ:男性:20歳
このアニメに関して色々考えがあるからまとめて書こうと思う。
多分間違えてるだろうから、そうだったら遠慮なく指摘してくれ。

金融街でカウントしてるのはミダスマネーじゃなくて、実世界のお金なんだと思う。
で、その地域の未来が全て差し押さえられてミダスマネーに変わってしまったら、その地域の全ての金はミダスマネーに置き換わるんだと思う。
おそらくその金を別の地域に回すんだろうな。

俺は真朱は公麿の失った妹だと思う。
情報屋が以前彼女の事を見た気がすると言っていたけど、これは彼女が以前存在してたか、誰かのアセットだったという事になる。
多分、彼女は公麿の父親の未来を表したアセットだったんだろう。
じゃあなんで彼女は公麿のアセットになったんだろうか?
あるいは全く関係ないかも!

三國と公麿の間に闘いが迫っているのは明らかだろうな。
どちらが正しく、どちらが勝つんだろうか。

これでこのアニメの事が分からない人への説明になるんじゃないかな(僕の間違いを訂正できないなら)。
いずれにせよ、金融街ははるか昔に始まり、都市を破壊し未来をミダスマネーに変えて成長を続け、ゆっくりと地球を包んでいってるんだ。
もちろん、欲望のパワーや人間を滅ぼそうとしない限り誰だってそんな事をしたいはずが無い。
多分金融街はエイリアン…人類を滅ぼすのに我々の複雑な経済機構を利用しようとしてるんじゃないかな?
とにかく、これが今の僕の考えだ。
僕は間違っているだろうね(多分…僕はアニメで考察したことなんてないし)

僕の考えについて議論する事は全く気にしてないし、楽しみにしているよ!


■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:第8話「I wonder」:引用元
あの花8

●不明
このエピソードはファンタスティック!

●ペルー:女性
結局、めんまのママは何かを隠してるわけじゃなかったのね…
彼女はただ自分の娘の死を仁太や他の人のせいにしてただけなのよ…

●ポーランド:女性:21歳
うーん…このアニメの日常部分は満足してるんだけど、めんまの部分は本当に強引なのよね。
このアニメが始まって、”めんまがここにいる事を立証する”事を思いつくのにどの位の時間を掛けるんだろうと思ってたわ。
もっと前のうちにやっとく事は出来なかったのかしら?
このドラマって必要?

●デルコ、ペンシルバニア州、アメリカ:女性:25歳
ワオ、ヘビーな内容だったわね。
めんまのママが彼らがロケット花火を作るのを止めようとしてたのは、めんまがいないのに彼らだけが人生を謳歌してるように見えて、それが憎かったからなのね。
すっごく最悪だわ。
フランダースの犬の事を考えて泣いたって言い張るジンタンにはちょっと笑えたけど、めんまがジンタンを慰めてネロが友達だったし幸せだったよ、って言って励ましてた所で…メッチャ号泣したわ(;_;)
彼らのどちらかが(それが)自分自身の状況に繋がっていると実感したかどうかは分からないけど、めんまは彼女の願いがかなって去る事になってもOKだと思っている事はかなり明白になったわ。
エンドも素晴らしかった。次回が待ちきれないわ!
あぁそれと、ジンタンは場面が切り替わる前、本間 聡志に何を言おうとしてたのかしら。

●ニューヨーク、アメリカ:女性:17歳
なんでこのアニメはこんなに良いの?
めんまのママがトラウマを抱えているだろう事は予想してた…知利子の手を掴んで、”あの日…”に続けて言った事は凄く印象的だった。
めんまの弟が自分の母親を気持ち悪いと言ってたのには笑ったけど。
前回の話を見た私達だけじゃなかったのね。
でも、めんまの死を誰かのせいにしているメンママは凄く哀れだった…
今までで一番最悪なものの一つね…
例えトラウマを抱えたとしても、彼らが彼女を川に放り込もうとしたわけじゃないし、私なら他人を非難したりはしないわ。
あなるの告白の後の仁太にはちょっと寒気がしたわ…
彼が一言もなしで無視した後、彼女が話した事は驚きじゃなかった…
エピソードの終わりは素晴らしかった。
もっともゆきあつはもっと落ち着く必要があるけどね。
彼はちょっと進歩して、かれのストレスはちょっと多くなったみたい。
来週、もっと知利子とぽっぽの事をやってくれる事を期待してるわ。
めんまがようやくそこにいる事を立証して見せた事にはなんの不満も無いわ…
完璧10点満点よ!
なんでこのアニメが嫌いな人がいるのか全然分からないわ。
このアニメの泣くシーンはほんと良く出来てる…

●ブリストル、UK:男性:21歳
彼らが動き始めたのが良かったし、最高のエピソードだった。
でもあの告白(の仁太)は酷すぎる

●スペイン:男性
このクソジンタンが。鳴子になんて事しやがんだ。
でも、このエピソードはマジで良かった。
それと、みんなが言ってるようにようやくめんまがそこに存在してる事を実証して見せるんだな。

追記:今このコメントを読んでいる君の横に彼女はいるぞ…
左を見てみろ、血のような目をした彼女が!

●ユタ州、アメリカ:男性:21歳
EDが流れ出した時のムードに泣いちゃったよ。
このアニメの結末は間違いなく心に来るだろうね。

●男性:23歳
さ・い・こ・う・のエピソード。

●アメリカ:女性
このアニメはどんどん面白くなっていくわ。
これでみんなめんまがそこにいるって信じるでしょうね。

●ペンシルバニア州、アメリカ:男性:22歳
クソ、なんていいエピソードなんだ。
ラストの盛り上がりにはちょっと泣いちゃったよ。
みんな彼女のゴーストを見ることが出来たらいいのに。

●ポルトガル:女性:24歳
うん、これでようやくめんまが存在してることが分かったけど、ペンが空中に浮かんでたり、みんなの見てる前で日記が開いて文字を書いてたりしてたらもっと良かったかもね(笑)
OK、そうなったらメチャクチャ怖いけど(笑)
みんなきっと逃げ出しちゃうわね(笑)
でも、みんなも言ってる通り彼女がいるとわかってわたしも嬉しいわ。
ジンタンとゆきあつの涙には私も泣けた。
そして、あなるぅぅぅぅぅ、私もあなたと同じ女の子なのよ!(T_T)
予告を見る限り次回は驚きみたい。
つる子が泣いてるのはいいサインとは思えないわ…
あのグループで、ぽっぽだけが泣いてないのよね(笑)

●不明
いいエピソードだった。
このアニメの唯一の穴が、めんまの存在を証明するのって凄く簡単な事だったはず、って事だな。
このアニメのドラマのほとんどが宿海が嘘を言っているんじゃないかとみんなが考えてる事についてだったから。
彼はめんまにカップを持ち上げさせる、という事も思いつかなかったみたいだ。
あるいは彼女にペンを取らせてみんなと筆談させるという事すらも。
おっと、俺はちゃんと生きてるぞ(笑)
少なくともようやく彼女の存在を明らかにしたわけだ。
でも、ゆきあつには「ワオ、ジンタンどんなトリックを使ったんだ?」とか言って欲しくはないけどね。

●女性:17歳
イェー、確かに誰かがもっと早く彼女の存在を証明する事を考え付いたらもっと良かったわね。
でも、そうなったら話はどっちに進んでたのかしら?
もし仲間達とコミニュケーションが取れるようになってたら、ストーリーの大部分が「幽霊wwww」とか「正しい望みを見つけるまで筆談でもしてようぜ」って事になってたかも。めんまのママと弟がたくさん出てたのが良かったわ。

●不明
このアニメはもう99.9%成功したようなものだ。
”要素”ではなく”やり方”によってね。
このアニメがなんで超常現象にフォーカスを当てていなかったか、それはこのアニメのタイトルが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』だからさ…
『「シックスセンス2』じゃなくてね。
物語の核はちょっと霊感のある状態での、友人の死に対する心の動きなんだ。
もし幽霊に焦点を当てていたら、そういう心の描写が足りないって文句を言う人が出てただろうな。

●男性:19歳
やっとめんまが出てきたか。
彼女がみんなの前に出ようとしてなかったから退屈してたんだ。
いいエピソードだったよ。

●男性:16歳
みんな感情を爆発させてたな。
みんな罪の意識を感じてて、ジンタンの彼女が見えている”振りをしている”事に我慢が出来なかったんだ。
みんながもっと早くめんまが存在している事を証明していれば、って怒ってる事はわかる。
でもいいキャラクタの展開だったと思うんだよね。
それだけじゃない、めんまが現れたってのはこのカップルがやっと一緒になって、去っていくのを見ているようでもあるんだ。

●ウェストコースト:男性:20歳
なんでジンタンは秘密基地に行ったんだろう?
きっと安城の告白に答えようとしてたんだろうけど、みんながいたから台無しにしちゃったんだな。


『シュタインズゲート』はいよいよ物語がダイナミックに動き始めてきました。
前回の記事を上げた後にもう一度見直してみたら紅莉栖がラボメンになったのはゲルバナの実験をしてた時でしたね。
つまりIBN5100が無くてもラボメンにはなっていたと。
整理してみると、まず萌郁が自分にメールを送りIBN5100を事前に入手したせいでラボにはIBNが無く、みんなも萌郁の事は知らなかった(仮定)
その後、るかが女になった(はず)世界線ではみんなは萌郁の事を知っているが、萌郁はIBN5100の場所を知らず、ラボにも無い。神社からも消えている。
フェイリスが10年前にメッセージを送ったことで、現在IBN5100は神社にもフェイリスの家にも無い、と。
いかん、止まらなくなるのでこの辺で。

『C』もいよいよのっぴきならない事態に。
こちらもガンガン物語が進んでいきます。
最初は金融街対人間界の戦いになるかと思いきやそんな規模じゃなくなってきました。
このアニメも真朱や公麿の生い立ち(父親がディールで負けたのに、何故公麿が生きてるのか)とか、この状況を打破する方法はあるのか、など色々謎が残っています。

『あの花』も佳境です。
ようやくめんまの存在にみんなが気づき、物語が一気に進みそうな雰囲気に。
遅すぎだろ、という声も多数。
この辺は仁太が心のそこでめんまを独占したかった、というのがあるのかもしれません。
しかし、木曜深夜は濃いいアニメが多すぎる。
みんなAパートが終わった時点で「え、まだ半分しか経ってないのか?」と思うアニメばかりです(いい意味で)。
特にシュタインズゲートはこの密度で24話26話とか、こんな贅沢でいいの?って感じです。
このアニメは話が進んでいないようで第1話からメチャクチャ密度が濃い。
日本だと、ゆっくりしすぎという声も聞こえますが、これ以上速度を早くされたらたまったもんじゃないです。




STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Memory Stick PRO Duo
STEINS;GATE Memory Stick PRO Duo
「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】
「C」第1巻 <Blu-ray> 【初回限定生産版】
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連記事
はてなブックマークに追加

<< : 「応援するってばよ!!」海外のファンによる実写版『NARUTO』予告動画の反響
>> : 「5人全員欲しい!」figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか、海外の反応



コメント

シュタゲとあの花

毎週翻訳ありがとう
シュタゲに関してはネタバレがほぼ無いと考えられる海外の感想は純粋に楽しめています
これからもよろしくお願いします!

あれ、シュタゲって26話なんですか!?
24話だと思ってたんで本当なら嬉しいです^^

>エンドロールクレジットが回っているとき、このアニメの”イントロダクション”が終わった事に気づいたよ。

うまいこと言うなあ

>あれ、シュタゲって26話なんですか!?
失礼、24話でした。訂正しておきました。

めんまの立証をじんたんが早くやらなかった理由は思いつかなかったってより内心どこかでやりたくない気持ちがあったんじゃないかな
作中でじんたんは何度か幽霊のめんまが自分の妄想の産物ではないかと言及している
その可能性をまだ自分自身で否定しきれてないんじゃないかな
もし存在を証明しようとして出来なかったら本当はめんまはいない+ついでに自分の頭がおかしいのがはっきりしてしまうしね
めんまがいないとじんたんの願いである「いつかめんまに謝る」ってのも永遠に叶わなくなってしまう

あの花は久しぶりに良かった1話以来か

シュタゲのSERNへのハッキングにおける演出をどうしてあんな誤解をまねくような描写にしたのか理解に苦しむ。

めんまの立場になって考える人はいないんだな

なんで外人って
「どんどんよくなっていく」
って言い回しが好きなんだろ?
このサイトに限らず色んなところで見かける。

海外の人にはキャラの心情まで理解するのは難しいんじゃない?
あの花って行動や表情で語るシーンが多いから何度も見直したり、なんでここでこうしたんだろうって考えようとしないとそういう細かいところに気づかないと思う。
めんまやじんたんの気持ちを考えれば証明しなかった理由はわかるはずだからね。

シュタゲは全24話です、と言っておいて実はシークレットで+2話あって全26話でした!
という展開だったら熱いよな~、とたまに妄想してますw

日本でももっと早く存在証明すればよかったのにとか言う奴いるよね
じんたんはめんまに超常現象みたいなことさせたくなかったんじゃないかと思ってたけどなぁ。
考えつかなかったってことはないと思う。馬鹿ではないし

ゼリーマン関係を発見したダルのハッキングに、IBN5100は関係してないんだが
何故か勘違いしてしまってる人多いよな
・・いや、ややこしい演出してたなそういやw

>彼女は「SERNのレポートでも物質をタイムトラベルさせる事は難しいって」的な事を言っていた。
>SERNの物を見るためにまず必要なのがIBN5100だったよね?

ハックして見た裏文書じゃなくてSERNの公式見解のことじゃないの? ここで言ってるSERNのレポートって

めんまの存在証明に関してはキャラの微妙な気持ちが関わってくるし、
分からない人が多いのも仕方ないと思う。

>なんで外人って

おいおい、日本だって同じだろうw

じんたんはめんまを独占したい気持ちが少しはあったんだろうなぁ
でも、めんまがみんなでお願いを叶えてもらって成仏することを決心したんだろうね

シュタゲ感想来てた!
ゼリーマンは自分も混乱したなあ。あれは脚本ミスじゃないの?

じんたんは自分でもめんまの存在を心からは信じられなかったんだろ

めんまの存在証明ったってなあ。
「ほら、ペンが勝手に動いて字を書いてるだろ。めんましか知りえない情報だろ!な、な、めんまが居るんだよ!」

恐山のイタコじゃないんだから引かれるだけじゃないかね。
まあでも、この解釈がベストかな。
>物語の核はちょっと霊感のある状態での、友人の死に対する心の動きなんだ。

数年前のめんま事件を各々が振り返って独自解釈をする。
だが、じんたんだけが幽霊めんまが傍にいるため現在進行形と。

めんまは主役でも共演者でもなく傍観者なんだよ。

シュタゲは原作やれよ

めんまが存在証明をする→みんなの協力でお願いが成就する→成仏してお別れ

今回あなるもそこに言及していたし、その後のじんたんの号泣も正にそれなんだが、
勿論めんまとじんたんも(程度の差はあれ)それに気づいていたわけで、
だからこそ「お願い」と言いつつも無意識にそれを避けてしまっていた(と想像できる)訳で。
叶えたい・別れたくない。

めんまとしては更に、母親に思い出させるな、と泣いたように、
直接現れて余計に皆のトラウマを刺激するのを避けたかったという想いもあるだろう。
本当は皆と話したいが、それで皆が悲しむのなら、仲の良い皆を見ているだけで幸せ。

今回はめんまが、皆のためにお別れする決意をした回。
じんたんが鼻血出して怒りそうだが、似たもの同士である。

シュタゲに関してはこういう事があり得るかも、的な想像をするのも
作品の楽しみ方の1つであると思われますので、今後の展開に関する
コメントは予告無しで削除する事もありますのでご了承ください。
尚、そのコメントに紐付けられたコメントも削除する事もありますので
併せてご了承ください。

シュタゲは日本ではラスト演出の話題で持ちきりだったけど
やっぱり外国だとよくわからなかった人も多そうだね

あの花は正直、現段階ではまだ評価しかねるな。
じんたんの心理を考察してる意見も一理あるとは思うけど、ちょっと描写が足りなかったとも思うし。
途中まで良くても終盤で台無しになったアニメなんてこれまで数えきれないほど見てきたし、俺はそこまで脚本家を信用し切れない。
とりあえず次週に期待だな。

アニメ版シュタゲの流れを書くと
3話でセルンにハッキング、Zプログラムという物の存在を知る
4話でZプログラムでの実験の詳細を知るためにゼリーマンズレポートを観ようとするが
見つからず、謎のデータベースが怪しいとにらむ
タイターからの情報でデータベースを観るのにIBM5100が必要な事を確信し捜索、そしてゲット
5話でデータベースにハッキング成功、Zプログラムの詳細ゲット、時空転移実験を行っている事を知る
時空転移の人体実験レポートのゼリーマンズレポートをみてゼリーマンの意味を知る
6話でタイムマシン実験をしているセルンを出し抜くために
電話レンジ(仮)の機能を把握のための実験開始、そして改良
って感じだった

IBM5100が無いとデータベースが覗けないから
オカリン以外はセルンがタイムマシン実験をやってる事を知らないで
ただ電話レンジ(仮)のタイムマシン機能の実験をやってる事になっている
オカリンは未来ガジェット研究所VSセルンのつもりだが
他のラボメンはただタイムマシンの開発をやってるつもりって感じかな

めんまが存在を証明する→めんまがいて、じんたん以外には全く見えてないことを証明する→めんま寂しい!
めんまの表情からしてそんな風に感じたけど違うのかなぁ
じんたんの妄想って事にしておけば、人に見えなくても仕方ないかなって諦められるし

あの花は、じんたんが死にそうで怖い。
突然気絶したり、鼻血だしたり、お母さんが若くして亡くなってるし
お父さんが妙に自由にさせてたり、
死期が近いと親しい人が迎えに来るのは
物語として良くある手法だし。
じんたんとめんまの二人で旅立ちエンドになりそうな気がする。

ただ、8話でそれも回避出来たか・・・な?

>シュタゲは全24話です、と言っておいて実はシークレットで+2話あって全26話でした!
>という展開だったら熱いよな~、とたまに妄想してますw

24話で終わりと思わせておいて、ラスト2話であれをああするのか・・・
それは確かに熱いかもしれんw

やっぱIBN5100辺りの話はアニメだと勘違いしやすくなってるなぁ…
まだオカリン達はIBN5100を一度も使っていないはずなのにまるでゼリーマンズレポートの回で使用したかのような演出になってる

アニメ側がシュタインズゲートの話を一部理解してないんじゃないかというくらい間違えてるよね…
(ロト6のDメールも過去のオカリンへと送ったのにあらすじでは過去のルカ子に送ったとか書いてあったetc)

>>シュタゲのSERNへのハッキングにおける演出をどうしてあんな誤解をまねくような描写にしたのか理解に苦しむ。

全くだな・・・
IBMなくてもハッキングできるし、レポートも見られるしるんだけど、データベースにある特殊な言語のデータを見るのにIBMが必要ってだけだよな

シュタインズゲートの今回のエンディングは不意打ちだった
Dメールの妄想をして楽しんでいたが、今やっと恐ろしいことだと気付いた

シュタゲは次のエピソードまで一週間も空いてしまうのでやはり色々考察されてしまうな
原作だと集中してプレイしているから、考察する暇なく色々驚かされるが

シュタゲがど直球です。OPもやばい。
あの花も泣き所が多くて・・・。こっちはEDがやばい。

メールを盗み見るのにIBNは使ってない
IBNは暗号化されたデータベースを解読するのに必要なんだよ
まだ一度もIBNは使っていないんだよな
描写的に分かりにくかったけど

Cはやっと話が動いたな
もう三話ぐらい早くこれぐらい物語に動きがあれば良作だったんだがなあ

IBNを物語に早々に絡ませる為の改変だったと思うが
まぁ上手くやってくれと言うしかないよね
しかしアキバの歴史しらねーのか、まぁそりゃそうだろうな

オカリンのせいで前作の主人公もおまいらも涙目だよ

今期濃すぎるわ~
来期反動で薄くならないか心配になるレベル
シュタゲとタイバニは継続だけど

>日本でももっと早く存在証明すればよかったのにとか言う奴いるよね

つーか日本でもそっちが大多数だろ
ttp://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-2152.html

シュタゲ9話EDの演出はイマイチ反応薄いのかな
それにしても24話で足りるのか

あの花は存在証明が遅すぎたわな、何か適当な理由付けて欲しかった。
まあ感動するシーンではあるけど感動の前にツッコミが出ちゃう。

2chのスレ見てれば早く証明しろ厨はコピペブログの自演だってすぐ分かる
踊らされてるのは情弱だけ

Cは1話ぐらい、
主人公がミダスマネーで
一時浮かれるストーリが欲しかったな。。
(展開的にもう無いと思う)

あの花ははじめからそれやってろっていうのは日本でもよくいわれてたけど
やっぱり海外でも同じなのね。2~7話全部いらなかったわなんだよ女装って・・

めんまの存在証明は早かったら話にならないし、
ツッコミを遅らせることでヒキを作ってるんでしょ

シュタゲはDメール送ることで世界が変化、萌郁の事を皆が知らない世界線から萌郁を皆が知ってる世界線へ移動なんて事例もあるし
IBN5100の件も、IBN5100が無くてもゼリーマンズレポートが見れている世界線へ移っていると予測

>かなりショッキングな展開だったな。
秋葉から萌えが消えてしまった事による岡部の衝撃は想像も出来ないよ。

ダルが岡部の立場なら絶望のあまり死にたくなってただろうな・・・

幻覚だと思っていたし依存もしていたし
成仏のことは考えたくなかったからじゃないのか

>しかし、木曜深夜は濃いいアニメが多すぎる。

 同意。もっと分散して欲しい。

ATXでしか確認してないんだがシュタインズゲートの番宣が変わった気がする。
以前はナレーションがオタク丸出しだったが、一転してシリアスになったような…。
普通この手のものは最後まで同じものを使うと思ってたが、手がこんでいるというか…。

シュタゲの特殊EDの入り方はガチで鳥肌立ったわ…
原作プレイ済みだがここまで凄い〆になるとは…

だがニコ動で鳥肌とかコメント見てると逆に萎えるという罠

Dメールを、一週間後から、三日後に向けて送るとかすれば、
全員記憶をもったまま確認できるんでは?

まあこの場合は、ロト6の番号を送っても、
当選番号は別の数字に変化しちゃうんだろうけど。

↑が何言ってるか理解できないんだけど誰か翻訳してくれない?
ていうかそれじゃDメールじゃなくてFメールじゃん。

>普通この手のものは最後まで同じものを使うと思ってたが、手がこんでいるというか…。

次回予告を本編に入れず、ネット上でのみ公開してるというのも完全に製作側の作戦ですよね。
アニメしか見てない人は続きが予測できないから先が気になって仕方ないと思う。

ジンタンがめんまの存在証明をしなかった、ってのはある意味で現実的なんだけどね
自分でも妄想かもしれないと疑ってる上、超平和バスターズの連中は表面上だけとはいえ合わせてくれてる
そんな状況だから、関係者全員に波風立てるだろう存在証明するより曖昧なままにしておきたいわけでさ
今回みたいな状況に陥らなければ踏ん切りつかないのは、ジンタンにしても当のめんまにしても同じだろう
とはいえ、そういう心の機微に対する描写がちょっと足りなかったとは思う

>なんで外人って
>「どんどんよくなっていく」
>って言い回しが好きなんだろ?
>このサイトに限らず色んなところで見かける。

あっちの連中は、「成長」ってもんに強迫的に取り憑かれてるって感じだね。
連中にとって「(単なる)変化」と「成長」は常に同義なのか? と常々思わされる。

IBN5100のシーンで、日本でも外国でも誤解してる人が多いね。
たぶん画面上の「NOW LOADING」の文字のせいだと思いますが、
あれはネットからデータをダウンロードしているわけじゃないのを知ってほしいですよ。

本物のIBM5100の場合、起動時にOSを本体メモリ上に展開する際に
「LOAD」という文字が表示されるようになっています。
つまりアニメのLOADINGの文字は、単に起動中であることを示しています。
今のWindowsでいうと起動時の「ようこそ」とかの表示の代わりに
IBNでは「LOAD」の文字が表示されていたというだけです。
アニメスタッフは単にリアルにしたかっただけだと思うのですが、
結果的に妙な誤解を与える演出になってしまっていましたね。

もし管理人さんが向こうの掲示板に書き込めるなら
IBNの起動とSERNへのハッキングは、単に同時に行なっていただけで
それ以上の相関関係がないって教えてあげてほしい・・・。

誰か件の外人さんに、めんまもじんたんも存在証明をする動機がなかったっていう視点を与えてやってくれ。

> 2011-06-06 14:49 :
> Dメールを、一週間後から、三日後に向けて送るとかすれば、

> 2011-06-06 15:52 :
>↑が何言ってるか理解できないんだけど誰か翻訳してくれない?

今現在が6月1日だとして、
「6月8日になったら、6月4日に向けてDメールを送る」という計画を立て
必ず実行すると決意をする。計画はメンバー全員に知らせておく。
すると6月4日(三日後)に、6月8日(一週間後)からのDメールが届く。

ということが可能かどうか・・・

皆なぜ早くめんまの実在を証明する方法を思い付かなかった?
って言ってるけど、そもそも宿海ら自体に積極的に信じてもらおうとする気持ちが無かったように思う
なぜかは分からんけど

Cやいろはの感想も見たいんだけど、中部ではだいたいの番組が一週間遅れなんだよな。
でも、後で読んでも面白い。管理人さんいつも面白い記事ありがとな。

日本人と外国人の観点や解釈の違いを認識できてなかなか面白い。
あなるの告白に対するジンタンの行動も『無視した最悪!』と単に冷たい態度として捉えられてるけど、ジンタンが『何も応えられなかった』心情や状況みたいなのは伝わらなかったのかな?

日本人なら言わずとも分かる事でも、外国人には理解できない事だったりするんかな。

あの花はキャラクターが自分の本当の感情を言葉にしないから視聴者が各々で違った意図の汲み取り方をしやすい
まあそこがこのアニメの良いとこなんだけど

>すると6月4日(三日後)に、6月8日(一週間後)からのDメールが届く。
世界線が変動しないレベルなら確かにみんな覚えているだろうが、世界線が変動しオカリンのリーディング・シュタイナーが発動した場合、オカリン以外の記憶には残らない。
なぜなら変動した後の世界線ではそもそもDメールを受信しただけであって送信はしていないため。

うすうす分かってきたね。
「あの花」というのはたぶん植物じゃなくてアレのことだろう。
で最後、ありがちな演出だけど、アレの作用で
めんまの姿がみんなの目に映るじゃないかな。ママも含めて。
想像するとそれだけで泣けてくる。

>彼女が死んでいるのを”本物の”岡部が見る前、彼が聞いた叫び声は彼と同じ声だった

すげぇ気付かなかったよ

後、実際に合ってる訳じゃないし、日本人だったらどういう意味で言ったか分かるだろうことだけど、
まゆりが「オカリンが遠くに行ってしまうような気がする」と言った訳を
世界線を移動するたびに周りとの記憶がどんどん噛み合わなくなっていくから
とする考えが面白いね

てか、人工衛星が落ちてきたときの警備の人間が鈴羽と気づくのはマジですげーなww
あれ顔出てたっけと1話見てみたらほとんど描写ねーじゃん
これでよく気がつくなぁww

コメントの投稿

非公開コメント

(http~はブロックされます)






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=