ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

「漫画版も読んで!」『トライガン・マキシマム』を語る海外のファン

トライガン・マキシマム

言わずと知れた内藤泰弘による大ヒットSFアクション漫画で、アニメ化もされました。
最近ではリボルテックが発売されたり劇場版も公開されています。

人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)こと、ヴァッシュ・ザ・スタンピートの繰り広げる冒険活劇、海外ではどのように読まれているでしょうか?

映画版公式
ソース

レビュアー:女性 ネバダ州リノ在住
アダルト・スイム枠でアニメ版を見ていたような昔からのトライガンファンにとって、これはご馳走のようなものでしょう。
ただオリジナルのトライガンを読んではいるのだけど、ほとんど覚えていない…

話を戻しましょう。トライガン・マキシマムは長い間私の読んだ漫画の中で一番の漫画でした。
この漫画が何故良いのか、それはヴァッシュとナイブズの戦いに決着がつき、たくさんの登場人物たちにも出会えたからです。

物語
物語は、「Love&Peace」を謳うヴァッシュの前に手当たり次第現れる敵(何故なら彼がヴァッシュ・ザ・スタンピートだから)、もしくはナイブスに忠誠を誓っているためにヴァッシュに向かってくる敵に対して不殺の誓いを貫くヴァッシュによって成り立っています。なんて素晴らしいストーリー!
たくさんのコメディパートはあなたの笑いを長い間止めさせないだろうし、戦いのシーンでは漫画を読むのを止めるのも困難になるでしょう。
物語の終わりまで暗くなりすぎることは無く、その瞬間ですらとても重くなるということはありません。
最後の戦いはただ一言、ワーオ!としか言えません。

アート
トライガンを知っているなら、充分ですよね?細かなディテールを持った素晴らしい戦闘シーンにあなたの顎は落ちっぱなしになるでしょう。

登場人物
登場人物の造形については見事という他ありません。(トライガンの時のように)ヴァッシュは相変わらず少し他人と距離を置いている、静穏で人当たりの良い人ですが、彼が他の人たちと接するのを見るのは楽しいものです。他の登場人物と違い、彼の性格は最後の最後までほとんど変わる事がありません(言い換えればウルフウッドと共に私達はヴァッシュの理想主義と彼の生い立ちを見ていくということになります)この作品に出てくる登場人物はみな素晴らしいバックグラウンドを持っており、彼らが何者なのか、彼らがしたことと、それによってどういう最後を迎えるのか、を読むのはとても素晴らしいです。

満足感
もう既に言っていますよね。私のしたことはこのシリーズ程は楽しく無かったです。全巻買い揃えるのに数週間かかりましたがこれにはかなりイライラさせられました(笑)
まじめな話、いったん本を手に入れると全巻買い揃えずに入られないでしょう。

総括
このシリーズはニカワのように私を捕らえて離しませんでした。最終回の素晴らしいこと…まるで連載開始時のような…全てが終わりを迎えたとき、全てが世界と共にあり、植物と人間は調和しながらお互いに生き、世界は正しく見え、問題を起こした人達には機会が与えられました。この最後はとても嬉しかったです。
私はアニメ版の最終回を見た人全てに、オリジナルである漫画版の最終話を読むことをお勧めします。
このオリジナル版のエンドははるかに深くあなたの心に突き刺さり、10年間続いたこのシリーズにとって最高のエンディングであると感じるでしょう。

内藤泰弘に感謝します。


そういえばアニメ版と原作、最後が結構違っていたような(かなり記憶が曖昧です^^;)
アニメ版最終話のヴァッシュとナイブズの戦いは未だに印象に残っています。あれを超えるガンアクションアニメはなかなか無いのでは?
トライガンのアニメはアメリカでも放映していたので海外でも結構人気があったと聞きますが、漫画版はどうなのでしょうか?
(と思ってamazon.comを見てみたらDVDボックスの評価が凄いことに、レビュー数200オーバーでほとんどが5つ星とか…)
漫画版に関してはスパニッシュ版も発売されているようです。

リボルテックが発売され、映画版も公開されるなど再び盛り上がりを見せているトライガン。
(ヤングキング4/26発売号にはBoichiによる特別読みきりが載っているようです)
最近流行の原作準拠のアニメ版等もあったりするのでしょうか?

最近はあまり作品を公開していない作者の漫画も待ち遠しかったりします。
血界戦線、連載しないのかな…

管理人雑記:
コメントで指摘があり、バッシュをヴァッシュに、ナイブスをナイブズに直しました。
なんという恥ずかしいミス…失礼しました。

↓日本でもDVDボックスが発売されましたね。



気に入りましたら、コメントなど残していただけると嬉しいです↓
関連記事
はてなブックマークに追加

tag : 海外の反応 翻訳 トライガン・マキシマム


<< : 「こいつは買いだ!」海洋堂リボルテック『エイリアン』に海外のファン大興奮
>> : お知らせ



コメント

マンガ版はよく言えば壮大、悪く言えば風呂敷を広げすぎた感があったかな
マンガももちろんいいけどアニメ版はスッキリまとまってたね
あのころの黒田はいい仕事をしてた…

トライガン…好きだけど、アクションシーンの絵はだいたい
誰がどう動いてるのかよくわからなかった覚えがある。
ところですごく違和感があるのだけど、
バッシュじゃなくてヴァッシュじゃないの?
何かこだわりが?

コミック最終巻はちとダレル
二人のラストバトルもコミック版は加筆されてましたが
なんともあっさり
ラストはアニメのほうがよかったな

信じられない。
あの、アニメ版の超無責任ラストを評価する人間がいるとは。

いやあ、マンガ版のナイブスの最後、格好良かったじゃないですか。
確かにアクションシーンは読みにくいけどさ。
この作者の同人時代の「女の子ほんわかマンガ」が面白かったんだが、
もうそういうの描かないのかな。

そういえば、トライガンの劇場版は4/24からでしたね。
タイムリー?

トライガンもガイバーもカールビンソンも
キャプテンが廃刊になってからみてないや・・・
今度集めてみようかな

連載中マンガのアニメ化という点ではかなりうまくまとめて方だよ
当時はオリジナル展開で破綻するアニメ多かったし

今月と来月のアワーズで外伝やってる。
原作はあいかわらずうまいね。

トライガンはとにかくアクションシーンがなにやってんのか解らなくてあきらめた…
ヘルシングより見にくい。

OPかこいい!糸使うやつこわい

ラストの対決であった

ナイブズ「そういう使い方をするために造ったわけじゃない…!」
バッシュ「こういう使い方くらいしか意味の無いものだ」

は屈指の名台詞でしたな。

原作のラストは無印の頃の乗りでトライガンスレは盛り上がったな~

ただ、大して読んでないニワカは両方が死ぬ欝ENDじゃないからつって叩いてたな(笑)


欝END=名作って本気で思ってる奴多すぎだろ(笑)

アニメはウルフウッドで泣いたわ。

アニメ版は見てないけど原作のウルフウッドで泣いた
あの一連のシーンは完璧だった

作者は先にウルフウッドの死を描かれちゃったから
あれを超えるのを描くのは相当悩んだんだろうなぁ・・・
鐘がなった後のセリフのない一連のページの後で
あの見開き
涙と震えが止まらなかった
ヴァッシュとリヴィオが泣きながら食事するのもなんとも・・・

コメントの投稿

非公開コメント

(http~はブロックされます)






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=