ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

「謎の彼女X、モーレツ宇宙海賊、他」2012年春アニメを見た海外の反応その8(冬アニメ21回目)

2012冬21春8

2012年春アニメを見た海外の反応その8です。冬アニメは21回目になります。
『さんかれあ』は礼弥の父親再登場、『アクセル・ワールド』は赤ロリ登場回でした。
『モーレツ宇宙海賊』はネビュラカップ本戦、『謎の彼女X』は椿が男を見せた回でした。


■さんかれあ:第8話「偽りの…自由…」:MyAnimeList.net
さんかれあ8

●台湾:男性:18歳
降谷がお化け屋敷を怖がるってのが信じられない。

●男性
2話前の話だけど、礼弥は舐めはしたけど噛んではいなかったよな?
ひょっとして俺ら釣られてる?
…とにかく、千紘の友人は一体何なんだ?
こいつは礼弥の物(弁当とレインコート)を置きっぱなしで連れて行くし、千紘が連れて行かれようとしてる時に足を引っ張ってるし。
礼弥はこいつを蹴っ飛ばしてやるべきだった。
ほとんど痴漢みたいなものだったぞ。
このアニメのキャラにむかつく事は珍しいんだが、本当にこの馬鹿だけは…
ベンチを振り回すところは最高だったが…似たシーンをどこかで見た記憶が…思いだせん…

●チェコ:女性
オーノー!変態親父が戻ってきた!!!!!
こいつkowai!

●バージニア州、アメリカ:男性:21歳
クソ、礼弥の親父、こいつ全然学んでねーな。
新しい服の礼弥が超キュートだった。

●フィリピン:女性:22歳
新しいドレスの礼弥が本当に綺麗ってのは認める。
それとなんて強さ!
礼弥の父親は降谷をどうするつもりなんだろう。
(多分礼弥が帰って来るための保険なんだろうな)

●カナダ:男性
礼弥の青白い顔が俺にはどうにも駄目だ。
魅力を探そうとしてるんだが、上手くいかないんだよな。

●カナダ:男性:21歳
↑自分も慣れようとしてるんだが(笑)
同じ問題が『ヨルムンガンド』のココにも言えるんだ。
このエピソードに関しては礼弥が男達を叩きのめした所が嬉しかったね。
誘拐を防ぐ事が出来るのは彼女だけだと思ってた。
次回は降谷の妹とその友人回になるのか?

●不明
礼弥が助けを求めてたのに、ショッピングセンターにいた人は誰も助けに来なかった。
何でだ?

●ロンドン、UK:男性:18歳
少女を誘拐するのに失敗したから…少年を誘拐するとはね(笑)
礼弥は(『これはゾンビですか』の)歩に行動を学ぶ必要があるな。
このアニメはどんどん良くなってきてる。
ますます好きになってきてるよ。

●男性:17歳
ヤスタカは一体何なんだよ、オーマイゴッド。こいつ死んでくれ。
萌路メッチャ萌える!
ワオ、礼弥は魔装少女になるポテンシャルを持ってるな。
彼女は(『これはゾンビですか』の)歩に力をどう使うか教えてもらう必要があるな(笑)

●男性
降谷は6歳児か。
何で誘拐してくださいといわんばかりに男達の真ん中を歩いて来るんだ。
それと、何で誰も警察を呼ばないんだ?

●男性:20歳
エピソード始めの降谷はただの変態だろ。
何で24時間録画する必要があるんだ。
礼弥は凄く萌える。
降谷がお化け屋敷を怖がるってのはちょっとした皮肉だな。
礼弥の親父は相変わらず糞野郎だ。誰かあいつを殺してくれ。
礼弥強すぎるだろ!!!!

●ノースカロライナ州、アメリカ:男性:15歳
礼弥を見るために2週間待たなきゃいけないのか?ハァ…

●ネゴンボ、スリランカ:男性:24歳
千紘はゾンビ映画大好きなくせにお化け屋敷を怖がる所がかなり笑えた。
次回予告の『X-File』ネタが最高だったな。



■アクセル・ワールド:第8話「Temptation;誘惑」:MyAnimeList.net
AW8

●男性
キャラの性格が180度変わるのって好きなんだよな。
スカレーレット・レインもだ。

●セッツェ、イタリア:男性:18歳
ハルが「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」って言ったのに笑った。

●男性
スカーレット・レインのアバターは実際の彼女の姿によく似てるな。
つまり彼女は特に不満がないということか?

●男性:18歳
黒雪姫はハルがレベル9になり、自分を倒してレベル10になって欲しいように見えるな。
少なくとも2人が闘う事はないと言った時の彼女のリアクションからはそう見えた。

●サンディエゴ、カリフォルニア州、アメリカ:男性
ワオ、スカーレット・レイン登場だ。
キャラは気に入った。
(少なくとも彼女のクレイジーな一面は)

●不明
素晴らしいエピソードだった。
表情が180度変わったスカーレット・レインはプライスレス。
今回は黒雪姫の出番が少なかったけど次回はありそうだ。
彼女はもう既にスカーレット・レインについて聞かされることに苛ついていたし、彼女達が出会うのが待ちきれないよ。
(どういう行動を取るのか)
次回が待ち切れない!
それと、ハルはもうレベル4になってたのか。
このアニメが原作を追ってるってのは知ってるけど、もうちょっとフィラー(追加)エピソードが見てみたいな。
シアン・パイル、ブラック・ロータスと一緒に闘うバトルを1回か2回くらい。
数カットじゃなくてフルで。

●カナダ:男性:18歳
グレート。
新たな捻くれたキャラが登場か。
『神様ドォルズ』のまひるとか『これはゾンビですか?』の京子を思い出した。
最初の赤の王はスカーレット・レインと何か関係があるのかな。

●ジャカルタ、インドネシア:男性:19歳
ワオ、ロリが赤の王になったぞ。
次回は凄いことになりそうだ。

●ブルックリン、ニューヨーク、アメリカ:男性:22歳
ああ、ファルコンキックが失敗してしまった…
スカーレット・レインの性格が180度変わったところが良かった。

●アメリカ:男性:29歳
少なくとも自分にはスカーレット・レインのコンプレックスが何なのか判るな。
彼女のアバターは彼女に完璧にフィットしてる。
彼女はこのエピソードのラストに出てきた男を殺す手助けをしてもらいたいんじゃないかな。
彼女のテリトリーで手当たり次第に殺しまくってるから。

●フィリピン:男性
アクションとコメディがミックスした良いエピソードだった。

●不明
2レベル分スキップされたか。
このアニメは良いものになるポテンシャルを持ってるんだが、とにかく脚本が酷いな。
字幕のせいなのかも知らんが。
とにかく色んな事が都合よく起こりすぎるんだ。
アッシュ・ローラーに復活して欲しいね。
彼はかっこよかった。

●不明
赤の王が可愛かった!
彼女も彼女のアバターも!
エピソードの最初で子豚が頭に弾を喰らってた所には爆笑した。

●男性:21歳
今回も闘いのシーンが凄かった。
だからこのアニメが好きなんだ!

●デポック、インドネシア:男性:18歳
「何故なら、俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」
爆笑した。



■モーレツ宇宙海賊:第21話「決戦!ネビュラカップ」:AnimeSuki.com
モーレツ21

●不明
100点満点!!!

●不明
これは良いエピソードだった!
アクションあり、チアキあり、美しい背景ありだ。
10点満点だよ!

●ニュージャージー州、アメリカ:男性:23歳
リンが5年間の出場停止の原因だったのかよ(笑)
アイちゃんが弁天丸を助けた!
優勝したのはチアキだけど、ベストはアイちゃんだ!

●シドニー、オーストラリア
最高だった!
グリュンヒルデは今回も牽引してもらったな(笑)
優勝はもちろんチアキちゃんだ。

●フランス:男性:25歳
今回の美しい背景とアニメーションには本当に感激した。
間違いなくこのアニメで最高なビジュアルの1つだったよ。
エピソード自体も最高なものの1つだ。
最初から最後まで良かったよ。
アイちゃんは今回もアメージングだった。
勝つのは無理だったけど、このエピソードのラストを見る限り彼女は1つも苦しんでなんかいないみたいだった。
彼女は正しい選択をしたんだし、後悔なんかしてないんだろうな。
次のレースに向けて気合が入ってるのを見れて嬉しかったよ。

●不明
ワオ、惑星に向かって垂直落下するなんて凄くGが掛かるだろうに、あの学生たちはみんなガッツがあるな。
あの事件が5年間の出場停止の理由になったんだろうけど、あれを中学時代にやったなんてリンは凄く優秀なハッカーだな。
アイ・ホシミヤは蝶のように舞い、蜂のように刺すな。
彼女が優勝できなかったのは残念だ。

●不明
アイは操作盤すら必要ないパイロットなのか。

●不明
アイちゃんマジで最高だわ。
出来ればもっと見たいな。
クールなエピソードだった。
スタッフは埋めエピソードの作り方を心得てるな。

●シカゴ、イリノイ州、アメリカ:33歳
今回のベスト台詞
茉莉香「帰りましょう、宇宙へ。私達の居場所へ!」

●男性:43歳
モーレツ21c

例え遠い未来であっても、我々の最初の第一歩であるアポロ宇宙船のカプセルやスペースシャトルが忘れられてないってのは嬉しいね。
他のみんなと同様に、このエピソードは素晴らしかったと思う。
10点満点だ。
白鳳女学院が5年間出場停止だったことをしったリンのリアクションに笑ったよ。
それと三代目のコンソールがテディベアに囲まれてたぞ!
チアキのリンギーは彼女のカラーである方が好みだったけど逆だったな。
白地に黒だった。
レースが中断してなかったらアイがチアキに挑戦していた可能性もあったんじゃないかな。
後、どうやってアイはあの高度で呼吸が出来たんだろうか。

●女性:20歳
各々の章はそれぞれ特定のキャラの周囲で話が進んでるけど(第1章は茉莉香、第2章はグリューエルとグリュンヒルデ、第3章はジェニーとリン)、この章はアイとケインなのかな?

●不明
アイはこのアニメの中でもかなりとんでもないキャラになってきたな。
あの小さな身体に凄い物が詰まってるよ!

●不明
どうやら自分は海明星における私掠船に関する法律への考えを改める必要がありそうだ。
ビスクカンパニーは茉莉香の免状を狙って彼女を襲ってきた訳だが、海明星はオリジナルの海賊の子孫以外にも免状を発行してるのか?
次回は海賊たちが襲われるみたいだが、多分茉莉香を襲った連中と関係があるんだろうな。



■謎の彼女X:第8話「謎の感覚」:MyAnimmeList.net
謎8

●男性
美琴の新しいヘアースタイルが待ち切れない!

●不明
要約すると、椿は自分のやったことで卜部がどう感じたのか本当のところを理解できなかったから逃げたんだな。
ホットな卜部は椿のやりたい事を容認してたんだが、あの涙を見たときに彼女が悲しくて失望したから泣いたと信じちゃったんだな。
実際”舐めたら殺す”というのは続いていたわけだし。
今回起きたことに関して、第1話の卜部のことに言及するなら………あれが卜部初の快感だったとか?

●不明
くそぅ、今回はホット過ぎた。
赤くなった丘さんが可愛すぎるううううう。

●カナダ:男性:18歳
ワオ、椿は卜部に許されようとしなかったのか。
彼女の胸を掴み、押し倒し、耳を攻めて開発した?
自分はセルフコントロールする事を高く評価してるから、今回椿が自制した事が嬉しかったね。
もし自分が涙を見たら絶対にストップしてたよ。
でも、彼女はそれを楽しんでた?
次回の彼女のクレイジーなヘアスタイルが待ちきれないよ。

●グダンスク、ポーランド:男性:29歳
今回は気持ち悪さよりもキュートさが勝ってたな。
デフォルトで不気味な丘は除いて。
今回も彼らの進展が描かれていた。
今までの椿の成長はナイスだったし、今回は卜部の番だった。
良いアニメだ。
もし君が(自分のように)アニメをそれほど好きじゃない友人を持っていたら、このアニメについて話すことは控えたほうが良いな。
むしろ話さずに見せたほうが良い…沈黙は言葉以上に雄弁な時もある。

●ロッテルダム、オランダ:男性:24歳
肉まん、曇った眼鏡、卜部の胸のクローズアップ多数。
全く失望しなかった。

●オランダ:男性:19歳
本当にナイスなエピソードだった。
2人はキスするべきだったと思ってるけどね。

●ワシントン州、アメリカ:男性
うおおおおおおお!!!!
セクシーさがアップしたぞ!!!
ベストエピソードだ!!!

●男性:29歳
面白かった。
未だに美琴の事はよく分からないけど、アニメ自体は悪くない。

●男性
自分が吉谷彩子(卜部)の演技をどれほど楽しんでいるか、言葉で説明するのは難しいな。
彼女の声は新鮮でユニークな声だし、卜部の描き方として全く完璧だ。

●ハンガリー:女性:22歳
このエピソードは良かった。遂に動きがあったね、行っちゃえ少年!
卜部、胸を触らせるのあっさり許したね。
だから椿が調子に乗ったんだけど…彼は卜部の涙を見て自分が彼女を苦しめてるんだと思って途中で止めたし、素晴らしい男だよ。
心地良い思い出が甦ってきた…
このアニメ、カップルはどうすればいいかを描いてるね。
2人の仲が進んでいくのを見るのが待ち切れない。
卜部は本当に変わってきてるね。
彼女の新しい髪形についてはまだ感想を控えようかな。
多分ないと思うけど、彼女がこのまま変わり続けていけばミステリアスじゃ無くなっていくかも。
それも面白そう。

●ブルックリン、ニューヨーク、アメリカ:男性:22歳
クソ、このアニメはホットになってきたな。

●不明
椿は大した奴だよ。
今回の彼は相当に男らしかった。
このまま主導権を維持し続けて欲しいね。

●不明
2人の関係は更に深くなっていったようだな…
今回のエピソードは卜部の胸に触っただけと考えると内容的にはかなりアレだけど。
次回予告の卜部の髪型は今までのより全然良いな。

●男性:32歳
8話まで見たけど、まったくがっかりしてない。
毎回完璧で、見てて楽しいよ。
何人かは第1話の涎を舐めるシーンで気持ち悪がって見るのを止めたみたいだ。
自分もそこは気色悪かったけど、切らないでよかった。




『さんかれあ』は礼弥の父親再登場と言う事で盛り上がっています。
こういうキャラは実に美味しい。
『アクセル・ワールド』はスカーレット・レインのキャラの変わりっぷりが好評だった模様。
戦闘シーンの迫力は流石のサンライズです。
『モーレツ宇宙海賊』は今回もアイちゃん無双回でした。
作品の年代設定的にスペースシャトルなんかは現代の土偶や土器的扱いな気が。
次回はいよいよラスボス登場でしょうか。
『謎の彼女X』は椿が(色んな意味で)男らしい所を見せたという事でかなり好評のようです。




さんかれあ(6) (講談社コミックス)
さんかれあ(6) (講談社コミックス)
アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
モーレツ宇宙海賊 モーレツTシャツ ブラック サイズ:XL
モーレツ宇宙海賊 モーレツTシャツ ブラック サイズ:XL
謎の彼女X 1(Blu-ray Disc)
謎の彼女X 1(Blu-ray Disc)


関連記事
はてなブックマークに追加

<< : 「バイクシーンがもっと見たかった」Fate/Zero第21話『双輪の騎士』を見た海外の反応
>> : 海外のフィギュアファン「お前らの初フィギュアって何よ?」



コメント

>このアニメが原作を追ってるってのは知ってるけど、もうちょっとフィラー(追加)エピソードが見てみたいな。
それが原作十巻収録短編にあたる六話と七話です
……意識してなかったけど原作じゃ3レベルすっとばしてんのか

    方ー

_人人 人人人_
> 偽りの自由 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

モーレツはステルヴィアの他弾幕回避→船長ーの流れと
アイちゃんの風読みがナウシカの上質なオマージュ。
ぐんぐん引っ張ってくれて素晴らしかった。

アクセルワールド面白かった。前2話は微妙だったけど、持ち直した感じ。
モーパイは言うことない。流石の一言。

AWのハルのレベル3、レベル4上昇時あたりの挿話はこれからちょこちょこ短編でやるんだろう。
ローランカーとしてはかなり無双してたらしいが、攻略法を研究される期間でもあったということで。

でもレベル4くらいになっておかないと、敵レギオンの下っ端一人とも互角に戦えないしな。

スカーレットレインはハルやタクとは違って自分自身の容姿には全く不満は無いのだが、「世界が怖いから無敵の要塞に立て篭もりたい」というのが願望なんだよなあ。

個人的にはタクが進学校の秀才細身美少年という凄く恵まれた現状よりも、ガテン系(土建用パイル)のムキムキマッチョになりたいという願望というか劣等感を持っているのが興味深い。
秀才でありエリートであることがやっぱ重荷なんだろうな。
暑苦しいくらいの熱い友情というのも、秘められた願望だったんだと思う。

>リンが5年間の出場停止の原因だったのかよ(笑)

あの部は黒すぎる。
上級生になるに従って、悪い事覚えていくんだろうなー。

個人的にはモーレツは一番の良回といってもいい出来だった
王道っちゃ王道だがすごくよくまとまってた
マリカはアイちゃんを海賊にスカウトするべきだわw

不動要塞の装着シーンやミサイルカーニバルなんかは流石サンライズって感じですねぇ
えぇ位置固定のバンカー打ち込みみたいなギミック描写大好きっす

>スカーレット・レインのアバターは実際の彼女の姿によく似てるな。
>つまり彼女は特に不満がないということか?

逆じゃね?
劣等感がアバターに採用されるわけだから、「小さい子供の姿が嫌」ということだろう
ハルは自分のことを「ゲーム以外に取り柄のないひ弱な存在」と思っていたから、“ひょろい体のアバター”みたいに言ってたし

白鳳女学院の恐怖を乗り越えるために、あえてかつての悪夢を再現した委員長も
それを分かってたかのように、先輩達の無念と屈辱を晴らさんと
果敢にコースに挑む他校選手たちも男前っすね
そしていつのまにか霊圧が消えてるナタリアちゃんェ

>とにかく色んな事が都合よく起こりすぎるんだ。
>アッシュ・ローラーに復活して欲しいね。
>彼はかっこよかった。

何この死亡フラグw

>キャラの性格が180度変わるのって好きなんだよな。

しかしこの声優の声が猫かぶってるときが若いころの金朋で
開き直ったときの声が釘宮そっくりなんだよなぁ
こういった完全にバラバラの声をだす声優はあまり好きじゃないなぁ

叫び声と泣き声と普通の声とか演技ごとに声がバラバラになって
こいついったい誰だってなるんだよなぁ

AWはほっぺたがプルプルしてるところが良かった。
ロリのぷにぷに素肌のアニメ的リアリティだよな。

謎の彼女Xは、二人の関係を描くのがすごく上手いんだよなあ。

>礼弥が助けを求めてたのに、ショッピングセンターにいた人は誰も助けに来なかった。
何でだ?

ベンチ引っこ抜いて振り回してる子に助けはいらないかと・・・

謎の彼女Xが良いな。さんかれあは親父が出て嬉しいよ。親父がでなくなってからクソつまらねぇアニメだったから。

オリジナル回いれてアッシュ・ローラーとの対戦は名物になってるっていうのをわかりやすくしたライバル認定回でもいれりゃつながり良くなったろうに。
師匠出てくる前にアッシュと仲良くなっとかないといけないし。

モーパイは弁天丸が宇宙に帰っていくシーンがめちゃくちゃ綺麗で感動した

>どうやってアイはあの高度で呼吸が出来たんだろうか。

劇中で酸素濃度が異常に濃い惑星だっていってるのに・・・

モーパイ話として良く出来た話で大好きなんだけど
宇宙船が1Gであそこまでダメージ受けて良いものなのか?w
SFの定番シーンの高重力の星の重力圏を無理やり離脱とか出来ないんじゃなかろうか

>宇宙船が1Gであそこまでダメージ受けて良いものなのか?w
Gよりも大気が有る中で飛ぶのが問題なんじゃ?

とりあえず、モーパイはマジで素晴らしい回だった
(モブの棒が多少 気にはなったが)

謎の彼女Xの感想は毎回、共感できるものが多くて嬉しい
今回もほとんどそうなんだけど、たとえばハンガリー:女性:22歳とか

男の子と女の子の機微・・・それぞれが想うからこそ
交差するようで、すれ違うようで・・・でも、二人らしく向き合った

物語も絵も音楽も演出も演技も全てが一致して本当に丁寧

アクアカレント編がレベル4に至るまでの追加話なんだけどね

コメントの投稿

非公開コメント

(http~はブロックされます)






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=