ヘッドライン

Powered By 画RSS

突然ではありますがブログを引っ越す事にしました。
新しいURLはこちらになります。
URL:http://sow.blog.jp
RSS:http://sow.blog.jp/index.rdf
お手数おかけしますが、ブックマーク・RSSの変更をよろしくお願いします。
これからも楽しい記事をお送りますので、今後ともよろしくお願いします。
しばらくは両方のブログで同じ記事を更新していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

海外のゲームファン「俺達は何で『ペルソナ4』が好きなんだろう?」海外の反応

ペルソナ4

リクエストをいただいたネタです。
ありがとうございます。

海外でも人気のあるアトラスの『ペルソナ4』。
その人気の秘密に迫ったエッセイとそれに対する海外の反応です。


引用元:why-we-love-persona-4


10人のゲームファンにゲームをする理由を聞けば、20の違った答えが返ってくるだろう。
何人かは仮想空間の戦場で味方や敵を撃ちまくりランキングを目指すためと言い、ある人は砂漠や山、火の川を越える夢の様な冒険をするためと答えるだろう。
1人か2人は単に楽しみたいためと答えるかもしれない。
しかし、その中の何人かが興味深い答えをしている事は認めざるを得ない。
テレビゲームは逃避だ、と。
彼らはゲームキャラの脳と体に入り込むことで、自分達の悩みを忘れるのだ。
テレビゲームの中のトラブルは常に一定量だし、解決する事が出来る。
人生は目茶目茶だが、テレビゲームの中ではしっかりしてるという訳だ。

おそらく、それが『ペルソナ4』が愛されている理由なのだろう。

この名前を聞き慣れていない人のために言うなら、これはアトラスというちょっと変わった会社の作っている日本のRPGだ。
高校生活、殺人事件、そしてハードコアなダンジョン探索をするゲームだ。
ゲームの中で君は高校生となり、朝には歴史の授業を受けるかもしれない。
ランチタイムにはデートをしたいと思っている女の子と屋上でラーメンを食べる事もあるだろう。
そして午後になれば、テレビの中に入ってファンタジーワールドの中シャドウモンスターと戦いを繰り広げるのだ。

そう、これは確かに奇妙なゲームだ。
そして最愛のゲームでもある。
自分は過去数週間にわたってPS VITAでリメイクされた『ペルソナ4 Golden』をプレイし、何が特別なのかを探そうとしてきた。
これはゲームをしてきて初めての事だ。
『ペルソナ3』はプレイしていたが、これほど多くの人が続編に対して素晴らしい内容だったと言うのは初めてだった。
『ペルソナ4』を愛する理由は様々だろう。
アメリカ人にとって眠れる街、稲羽市の架空のキャラになるのは日本という別の世界を窓から覗いているようで興味深い物だ。
その世界では夕食はクッションに座って取り、お互い敬語で話し、土曜日にも学校に行く。
他のゲームでも受けたようなカルチャーショックを受ける事だろう。
日本の描く日本は、部外者から見れば間違いなく魅力的なのだ。
脚本も優れている。
アトラスの翻訳家は『ペルソナ4』を英語にする上でとてつもない仕事を行っている。
何もかもがきちんとリズムを踏んでるのだ。
授業の抜き打ちテスト、友人達とのランチ等、会話はタイトでパンチが効いていて、その完成度は何度も何度も校正を重ねたコメディを見ているようだ。
テレビゲームというのは大抵その辺がてんで駄目で、ゲームまでもが君たちに向かって吠えたてているようなのだ。
例えば”もう寝るべきだ”とか”今すぐ彼に話すのを止めろ”とか、ゲームデザイナーの頭を取り換えたくなる程だ。

そして、『ペルソナ4』のキャラは例えゲームのキャラとはいえ魅力に満ちている。
彼らは君達の様な高校生で、あるいは君達が高校生の時の君達の様でもある。
登場人物達は悩み、感情を募らせ、思春期の戸惑いに溢れている。
彼らが話す時、本当に重要な事は口に出さない。
キャラクターの一人、完二は性的嗜好について悩み続けているが、彼の嗜好が明らかになる事はない。
それはおそらく、彼がまだ15歳だからだろう。
彼は自分が何を求め、何を感じ、何を思っているのか分からないのだ。
しかし、ゲームのキャラ達は我々ほど深刻ではなく、だからこそプレイヤーはゲームの世界に慰めを見出すのだ。
現実の人間達は偽善的で、一貫性が無く、常に自分自身を疑い、お互い傷つけあっている。
『ペルソナ4』に出てくる仲間達はスクービー・ドゥーの様に無軌道だ。
彼らは自分のステータスをあげ、よりパワフルになっていく。
現在進行中の殺人事件に対して手を出せなくてフラストレーションが溜まっているように見えても大した問題ではない。
いずれ何かを発見する事は分かっているのだから。
これはテレビゲーム、いつだって答えがあるのだ。
『ペルソナ4』の真のファンタジーは人語を話すクマやテレビの中に潜むモンスターではない。
『ペルソナ4』における本当のファンタジーは魅力的で”完璧な嘘”にある。
この世界では友人関係を一定のパターンで築くことができる。
人間関係を言葉のリストから選択するだけで始める事が出来るのだ。
キャラの関係が曖昧で混乱している時でさえ簡単かつ具体的だ。
『ペルソナ』における人間関係の構築は、戦闘におけるキャラクター性能を向上させるのに不可欠でもあるが、シンプルに話しかけるだけで良いのだ。
もし女の子をデートに誘いたければ、君は彼女の元に歩いて行って「ヘイ、デートに行こう」と言うだけでいい。
もし友達とたむろしたいなら、彼を映画館に呼び出して「ここでスターウォーズを見ようぜ」と言えばいいのだ。
断られることは決してない。
もし君が彼らの頼みを断れば、彼は常に怒る事になる。
これが本当の世界なら、人々は君を裏切るだろう。
友情はフラストレーションが溜まり、人間関係は至福であると同時に拷問の様でもあるだろう。
欲しい物全て手にすることは出来ず、拒絶されることもあるだろう。
『ペルソナ4』での君のキャラは物静かで人当たりが良く、女の子はみんな君を好きになる。
幅広い人間関係を持っていて、誰かと繋がりを持つことはバンドの練習に出たり、下に降りて行って友達やガールフレンドの1人と話をするくらい簡単だ。
彼らはみんな君と話したがっているし、裏切って心を傷つけるようなことも無い。

『ペルソナ4』における人間関係は常に明らかになっているわけではないが、時計の針を合わせたりパズルを解くように解決策が示されている。
誰を選び、友達にするか後悔しないようになっているのだ。
誰かを失う事になると心配する事はほとんどない。
もし間違った選択をしたのなら、次の日に正しい選択をすれば取り戻すことができる。
人間関係のレベルは維持されたままだ。

『ペルソナ4』の世界はシュールで物珍しく魅力的で多くの困難があるものの、それが理想的でもある。
目に見えない資質はステータスによって表されている。
もっと男らしくなりたい?
そういう時は「漢、それはエターナル」を読めばいい。
もっと勤勉になる方法を知りたい?
机に座って封筒貼りをするんだ。
迅速に知識をつけたい?
部屋に行き、本を選んで、ステータスが上がるのを待とう。
勉強で失敗しる事は決してない。
クラスのレベルから遅れる事は無いから補習クラスに送られることも無い。
経済的困難に陥る事も、人間関係が花火のように消え、永遠に失われることも無い。
『ペルソナ4』が現実の生活を元にしているとしても、現実とは全く違うのだ。
おそらく、だから我々はここまで好きなのだろう。

『ペルソナ4』のキャラ(魅力的で、心のうちにジレンマを抱えたキャラ達は気まずい出会いと同じくらい興味深い)は、文字通り自分達の内に潜む悪魔に立ち向かう。
雪子は自分の決断力のなさを倒すために自分の影と戦う。
自身の性的嗜好な曖昧さを解決するために、完二は性的に混乱したような巨大なモンスターと戦う事になる。
問題は戦う事で解決するのだ。
幾つかのボス戦は違うが、彼らは必ずそれを克服する。
彼らは常に直面し、答えは常にある。
現実もこんなに簡単だったらと願わないだろうか?



↓この記事につけられたコメント

●ラスオリアル
確かに逃避は俺がゲームをする主な理由ではあるけど、もっと言うならその世界に逃げ込んで探検するのが好きなんだな。
だから技術的な問題はあるけどベセスダのゲームを買いまくってるんだ。
彼らのゲームはキャラを作れて、広大な世界を冒険する事が出来るからな。
『ディスオナード』はより小さな世界で自分を忘れ、プレイヤーになりきらせてくるよ。
『ペルソナ3』と『ペルソナ4』(それ以前のはやったことない)は相変わらず喋らない主人公で会話も選択式だけど他のJRPGに比べてユニークなゲームだよな。
キャラは『マス・エフェクト』のジョン・シェパード以上にキャラが立ってないけど、選択肢をコントロールする事でキャラを演じる事が出来るし。
日本のRPGはもっとこういう風になってほしいんだよな。
世界観に関しては結構いいと思うから、メインキャラに関してはあらかじめキャラを固定しないでほしいね。
(固定してあるのはパーティの仲間だけで充分だ)
RPG的要素は戦闘や戦闘周辺のシステムだけでいいよ。

●パトリシア・エルナンゾ
つまり、現実世界では「漢、それはエターナル」が読めないから男らしくなれないって事?

●ラックスカイザー
↑つまり、河原で殴り合いをしないと永遠の友情はつかめないという事か?

●タリエシン・マーリン
男らしくなるために誰かに「漢、それはエターナル」を書いてもらう必要があるな。

●ザ・レスキュー
『ペルソナ4』を買ったのは俺の人生最低な時だったな。
『Halo2』にがっかりした時に、真剣にプレイした初めてのゲームだった。
長い事ゲームに関すること以外は何もしてなかったけど、ゲームを通じて成長したような気がしたよ。
人間関係が壊れまくった後で、何か新しい事をしたいという気持ちがほとんど残ってなかったんだ。
何がこのゲームを買わせたのかはよく分からないけど、すぐに興味がそそられたんでこのゲームを買い、母親の屋根裏部屋でPS2を探したことは覚えてる。
ゲームの設定、システム、キャラが好きだったな。
ゲームをプレイするたびに自分自身の事を考えるようになって、幸せを感じたのは初めての事だった。
他のゲームでもある事なのかもしれないけど、『ペルソナ』に逃避する事は自分自身にネガティブだった事から回復するために必要な休息だったんだと思う。
4年経った今も変わらず好きだ。
唯一違う点は、今では他に好きなゲームがもっと出来た事かな。

●LQTZ
>ゲームをプレイするたびに自分自身の事を考えるようになって、幸せを感じたのは初めての事だった。
同じことを思った。
ゲームやトラディショナルなTRPGをする理由はそこにあるんだ。
陽介が懐かしいよ!!
このゲームをクリアした時、”このゲームを作った日本人は、俺の人生がこのゲームでどれほど良い物になったか想像できるだろうか?”と感じた事を思い出した。
このゲームをすることで、それまでよりも良い人間になたっと思う。
これって大事な事だよな?

●マック・ワルビー
>ゲームをプレイするたびに自分自身の事を考えるようになって、幸せを感じたのは初めての事だった。
『ペルソナ3フェス』で同じような気持ちになったな。
凄く印象的なコメントだった。
『ペルソナ4』が楽しみになってきたよ。

●ドーラ・ブレッキンリッジ
自分が『ペルソナ4』を好きなのは現実逃避よりも強制的ともいえるポジティブなメッセージだな。
受け入れる事、勇気、友情、無私無欲、そういう大事な事を奨励してる部分だ。
千枝と雪子は普通の十代の女の子をポジティブに捉えたキャラだと思う。
千枝は分かりやすいね。
彼女は女の子の多くが理想と現実に苦しんている様を表してた。
それを楽しんでいつつも、他の人から見て自分が可愛くない、女の子らしくないと悩んでた。
彼女の苦しみは一個の人間、女性にになる上での自己実現のためのセルフバランスからくるもので、化粧をしたり控えめになるだけでじゃなく、自分を強く幸せにするために受け入れる必要があるんだ。
雪子に関しては穏やかな話し方をするし、美しいから理想的な女の子であると思ってたから時間はかかったけど、それこそがポイントなんだと気が付いた。
彼女は周りの人を喜ばせ、その人達の期待する人間になることが大事だと思ってたから、その過程で自分自身を抑制してたんだな。
ゲームが進むにつれ彼女の本当のキャラ(ギャグに対するツボが人と違う所、人から信用されるよりも冒険を好む所等々)が出てきた事に凄く満足したし、他の人の幸せのために自分の夢や好きな事を諦めようとしてる全ての女の子にとっていい描き方だったと思う
よくある重要な女性キャラって描き方ではなかった。

●ウエジエル
『ペルソナ4』を好きな人が沢山いるように、同じくらいの人達が『ペルソナ4』にアニメが沢山使われてるからって「アニメは嫌いだ」とか「自分にはちょっとアニメ過ぎる」とか馬鹿げたことを言ってるのが問題なんだよな。
『P3』や『戦場のヴァルキュリア』だって同じようなもんじゃないか。
それでアニメを楽しんでるんなら、同じくらいアニメを使ってるゲームを楽しめるはずだ。

●マイクワンアス
『ペルソナ4』は素晴らしいゲームだな。
今年やったゲームの中でも最高のゲームの1つだし、ここ数年でも最高のゲームの1つだ。
幾つかの経験からJRPGのターン制の戦闘は好きじゃなかったし、ストーリーやキャラも惹かれるものが無かったからJRPGはやらない傾向にあったんだ。
『ペルソナ4』は違ったな。
違いを指摘することは出来ないんだけど、今ではよりJRPGを楽しむことができると言わざるを得ないな。

●カーティス・E・ベアー
完全に一致してはいないけど、今の世界から抜け出して高校時代に戻りたいとは思ってる。

●ゼロスジュン
『ペルソナ4』は確かに良いゲームだけど、個人的には『ペルソナ3』を推したいね。
両方素晴らしいゲームだけど。

●ジョシュ・ニューウェル
かれこれ20年ほどゲームで逃避してるけど、『ペルソナ4』は逃避先として最高の1つだ。
5が待ちきれないよ…

●ggyhb
kotakuって『ペルソナ』大好きだよな。
俺も好きだからハッピーだ。
俺は『ペルソナ』の事を”グレート・エスケープ”って呼んでるよ。






アニメ版でエピソードの最後に出ていた”Bonds of people is the true power”が示すように、作品内で描かれていた理想的ともいえる人間関係が『ペルソナ4』の魅力という事でしょうか。
『ペルソナ4』に関しては英語版の吹き替えも評価が高いようです。
ちなみに「漢、それはエターナル」は”Forever Macho”と訳されています。
ステータスのオカン級は”Saintly(聖人級)”に。
何だか急に神々しい感じに…
参考:persona4.wikidot.com




ペルソナ4 ザ・ゴールデン
ペルソナ4 ザ・ゴールデン
ペルソナ4 ザ・ゴールデン オリジナル・サウンドトラック
ペルソナ4 ザ・ゴールデン オリジナル・サウンドトラック
figma ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ アイギス The ULTIMATE ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
figma ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ アイギス The ULTIMATE ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
Half Age Characters ペルソナ4 (BOX)
Half Age Characters ペルソナ4 (BOX)
関連記事
はてなブックマークに追加

<< : フィンランド人「-33℃でマツダのエンジンをかけてみた。かかった」海外の反応
>> : 「シュトロハイムゥゥゥゥゥゥ!」ジョジョの奇妙な冒険・第13話『JOJO vs. 究極生物』を見た海外の反応



コメント

結局は丁寧に書かれた人物描写が大切なんじゃないかな

ポジティブだからね、悩みがあってそれを打破することで成長し、物語をすすめることができる

なんか初めてのギャルゲー感想文みたいだな
あっちはギャルゲー無いから、その要素があるペルソナが新鮮なのかな

個人的にはP5は大学生活でお願いします!

P4GのためだけにVITA買ったわ。
ホントに良いゲームなのでいろんな人にプレイして欲しい。

主人公の男とそれ以外の男で露骨に態度変わるペルソナ4の女キャラよりは、どの男にも基本的に同じ態度のペルソナ3の女キャラの方が好感持てる。

ゲームに嵌る理由とP4に嵌る理由が混同されてるような気がする。
逃避の手段ってのは別にP4には限らないだろう。

とりあえず、翻訳スタッフが相当頑張ったってことはわかった。

このゲームの為だけにVITAを買う価値があると、堂々と言えるゲームだったわ

日本人だからかも知れないが
エスケープというよりノスタルジーな感じかな
もちろん現実には起きないことばかり起きるんだけど
なんか懐かしい気持ちになった
P5期待してます

ひたすらポジティブな雰囲気+ちょっとした怪奇現象てドラマの区分けが
意外とミスマッチじゃないのが上手いなーと
俺もテレビに入ってペルソナ出したかったわ

主人公=プレイヤーってのが海外でもウケた一因じゃないかな
海外はTRPGの土台があるからRPGといえばキャラメイクしたりして主人公=プレイヤー
一方JRPGは主人公もキャラの一人でプレイヤーはそれを画面外からアニメのように眺める

テイルズみたいなのだと主人公がウザいとかガキだって意見出たりするし
「日本の学生生活という非日常感の中で主人公に自己投影して擬似生活ができる」
ってのは新鮮だったんじゃないかと

3も4も終盤近くまで進めたのにクリアしてない
アトラスゲーでクリアしたのソウルハッカーズだけだわ

シャドウが便利でいいよね
キャラの説明+αが作りやすい
ただ、直斗まで行くとさすがに飽きる要素だな
仲間のシャドウだけでなくミツオとか飽きない要素も入れてGood

自分がやるにはタルいけど良いゲーム過ぎる…

現実逃避にゲームをやっていたら、現実を見つめなおしていた・・・てポルナレフ状態だな。

外人がJRPG苦手なのって正に国民性が反映されてるよな。
我が強すぎて他人をロールプレイ出来ないってのは可哀想なこった。
逆に事創作物を楽しむ際にはこの上ないアドバンテージである日本人の主体性の無さや空気に合わせる性格はリアルだとデメリットがでかいという……。
やはり日本人は空想の世界で羽を広げることが一番幸せなのか……。

P4GがVITAじゃなければすぐに遊べるのに畜生。

つまらなくないはないけどターンベース戦略は長時間やってると面倒くさくなる

スーパーペルソナ大戦でもペルソナOROCHIでも良いので
ペルソナの全シリーズ集めた外伝を出して欲しい
それが遊べるなら、VITAでもWiiUでも、本体毎買う

戦闘のテンポもよくて良いよ

メガテン、ペルソナ系はドラクエやFFみたいに、ただ単にクリックするだけのターン制じゃないのがいいよね

属性を重要視した作戦は大正解だと思う

個人的にJRPG最高傑作だと思ってる。
エンディングでこれだけ感動できたゲームは記憶にないしな。
P5もP4を超えるのは難しいのではないか。

あの生々しいもう一人の自分シャドウがいい
あれが綺麗ごとだけじゃない、よりリアルで魅力的なキャラに仕上げてる
誰にでも思い当るところがあるような汚い部分だし

P4やって、もう1回高校生に戻りたい! と思ったな。
今ならもっと前向きに色々頑張ったりできるんじゃないか とか。

P4はストーリーやキャラの良さは勿論、
戦闘もストレスなくて楽しいし、音楽も格好いい。
今でも大好き。

好きなゲームを冷静に分析されると急に萎えるな…
まあ現実逃避は事実だけどさ

外国人にとってくそったれな悪魔を使役したり、天使を呼び出したり、
なんか聞いたことも無いような神様呼び出したり
そんなシステムも受けてるのかもしれない

昭和時代を舞台にしたペルソナとかやってみたい
昭和ならではの人間関係構築とか時代背景とか

これローカライズを相当うまくやったんだろう
そこを丁寧にやらないと受け入れられないから

米のゲーマーって行動選択の自由度が高いゲーム好きだよね。
ベセスダのゲームって行動の自由度は高いけど、攻撃方法が単調でその内お使いだけが目的になっちゃうんだよね・・・
ターン制って戦闘行動自体に違和感あるけど、ペルソナみたいにとっかえひっかえでグラフィックが多様な方が飽きは来ないかな。

なんつーか、ただのギャルゲーのガキゲー

リア充過ぎてきついみたいなこと言ってる人は日本人のブロガーとかでも結構いたね当時

うん、3の方が好きなんだ
2はさらにその上だけどさ

>リア充過ぎてきついみたいなこと言ってる人は日本人のブロガーとかでも結構いたね当時
時をかける少女のアニメ映画もそうだけど
「オタの考えるリア充の青春」って感じが痛々しくてキツかった
いや俺自身もオタなんだけどさ


この評論文読んでると物凄くつまらなくて頭の悪いご都合主義ゲーのように聞こえる
アドベンチャーゲームやシミュレーションゲーム自体が向こうにないのか?

まずグラフィックってのかな あのぼっこり出た後頭部がきもい
あと陽介や旅館の女、あんなのいない
千恵はいいとしてキザな主人公に虫酸が走る
まあ町並みは和風でいいんだけど侍道みたいな会話のセンスがない
ってことでクソゲーです
アマゾンレビューに騙されないように

この記事読みたかったんですよ~。感謝!

ペルソナ4はゴールデンからはじめたクチですが、
オシャレなデザインやキャラクターとは打って変わって
うらぶれた田舎町が舞台の和風なつくりでびっくりしました。

日本人の自分でも戸惑ったくらいですから、外国人のファンには…と思いましたが
こういうJRPGが好きなオールドゲームファン・もしくはアニメからアプローチしてきた
若いファンであっても、もともと日本文化に好感を持っている人が多そうなので
ちょうど良かったりするのでしょうか。

このゲーム絶賛してる輩はアトラス社員かストーカーみたいな奴だろう

合う合わないはあるから否定的な意見があるのはいいけどここの批判コメはちょっと痛いなw
いくつかは同じ人だったりしてw

アトラス社員はゴキブリみたいに沸いてくるな

自分は嫌いだ、なら別に意見の一つだけど
自分が嫌いなんだから皆も嫌いなはず
→本当は好きな奴なんか居ない
→褒めてる奴は関係者!ステマ!
…って思考回路の人はなんなんだろうなw

みんなつまらんって言ってましたが何か?

このゲーム批判コメしてる輩はアンチかストーカーみたいな奴だろう

※37
それは君の友人達かな?
ネットの自分の好きなコミュニティとかじゃないよね?

学生時代を懐かしむとか微塵も感じなかったわ

面白い要素は何もない 侍道に負けてんだよアトラスさんよ
まあアクワイアに勝てる会社はなかなかないと思うけどねw

けっこうアマゾンレビューに騙されて買った奴多いんじゃないかな
俺もその内の一人だし
まあ二度とアトラスのゲームは買わないけどネ

はいはい一人でアンチ活動おつかれさん

感覚は人それぞれなんだし、自分の言葉で語らずにみんなとか言うのは、批判にしろ肯定にしろほとんど意味がないね

必死なアンチが居るけど、参加型のレビューでもPS2のRPGで唯一のSランクなんだよね。
http://www.psmk2.net/ps2/title.php?title=273

>現実の人間達は偽善的で、一貫性が無く、常に自分自身を疑い、お互い傷つけあっている。
>これが本当の世界なら、人々は君を裏切るだろう。
>彼らはみんな君と話したがっているし、裏切って心を傷つけるようなことも無い。
>現実もこんなに簡単だったらと願わないだろうか?

まるで新世界でユートピアでも発見したかのような大仰な書き方だな
ファンタジー世界に都合良すぎる日常パートがあるからそれなりにリアリティを感じるのか
恋愛ゲーが土壌にある日本人でも没入しやすいシステムだとは思うが、外人の自己投影っぷり具合いからするにアトラスはしてやったりなんだろうな

今遊ぶならVITA版のP4G一択だな。追加要素が素晴らしすぎる。

リアルなミツオが沸いていて笑ったw
自分の汚いとこやダメなところを認めたくない人にとってはキツイのかもな

シナリオ微妙だし4はただのキャラゲーとしか思えなかった

人によってP4の評価はまちまちで当然だけど
このゲーム合わないとしても「クソ」とか「騙された」なんて感じる
薄っぺらい作りこみのゲームではないとは思う。
まあ「ミツオ」だった人にはきっとP4自体が辛い過去だったり現実に見えるだろうが…

特徴のない学生生活を送って、それなりの付き合いもして
それなりの場所に就職をした俺がプレイしていて
「あの頃に戻れたら自分は何をするだろうか」と考えただけでもP4は凄いと思うよ

私は、アニメ見てP4やりました。 アメリカの人に受けてるって聞いた事はありましたが
ホントなんですね。

このゲームの魅力って、ストーリーのバランスがいいからじゃないかな?と思ってます。
殺人事件を扱いながらギャグは笑えるし、どのキャロクターにも個性があって、
どんな人間にも当てはまる部分がある。その辺が引き込まれる要素ではないかと。

後、個人的趣味ですが、SSのクロスオーバー作で
番長をハッピーエンドに向かわせる導き手として結構使ってますwww

こんな事言ったら、ペルソナどうこうじゃなくて、映画、小説、ドラマ、漫画、アニメ、ゲーム
創作物は何でも逃避だろうと
サッカーをやらずにTVでサッカーを見てたら逃避だって言ってるようなもんだ
バカらしい事この上ない

最近こういうゲームのせりふが痛くてできない・・・

一番最初に買ったゲームは異聞録だったが、まさに自分を見つめ直して肯定できることを教えてくれた作品だった。
P3P4はスタイリッシュで馴染みやすいけれど、やはり異聞録と2のほうが好みではある。

>>52
高二病ですね
自分の中にある中二病的な部分を見せられているようで我慢できないのです

何らゲームシステム的な新しさが見られない。
表層のメタファー(ストーリー・キャラクター・世界観)のみに頼っている感じ。

番長は聖人

異聞録/罪罰とP3P4はペルソナ自体の扱いも世界観も全くの別物だからな
P3P4はいっそ別のシリーズ名つけた方がよかった気がしなくもない
自分は異聞録/罪罰の、トラウマをえぐり出すようなディープな演出が好きだった

罪罰あたりが好きな人にとっては3以降は論外っぽいね
別ゲー扱い

メタスコアも異様に高かったけど、やっぱ隙のない作りなのが万人受けするんだろうな

58
いや別にどっちも好きだけど

やったことないけどパッと見センスよさそうだよね

初代からやってるがテーマは一貫して変わってないのがわかるわ

スカイリム厨とかの日本の洋ゲー厨が嫌いそうなジャンルだな。
日本の洋ゲー厨は特殊だから海外とは違う方向性なんだよな。

こういうところで必死にアンチ活動してる奴ってゲハ厨か洋ゲー厨のどっちかだよな。

ペルソナなんかより真4出せとかおもって
ようやくキターとおもったのがアレなんでもうアトラスは個人的にオワコン

・アマゾンのレビュー見てこのソフトを買って失敗したと感じた
・侍道の大ファン
・ファンスレで好意的なレスが続くのは社員ばかりだからだ

って人が1人で騒いでいるという認識でOK?
てか管理人がIP上げたらモロバレだろうに
同意がなくってがっかりしたからってむなしい工作は辞めなさい

正月だから子供が元気だよね

ターン製RPGではちょっと頭抜けちゃって後が続いてこないな

よし、とりあえずFC版のメガテン2か(この際旧約でもいい)
真・女神転生Ⅰ・Ⅱをやらせてみよう
なあに、あんだけキリストをネタにしたアメコミがあるなら大丈夫だ

アンチめ!!!って顔真っ赤になりながら
同じレベルかそれ以下のスカイリム厨とかアホなワードつかっちゃう信者がいる時点で
所詮はマイノリティだわなぁ
売り上げ的にも国内でもTESシリーズのほうが地味に上じゃないか?もう

うん良いよねペルソナ4。
南条くんの執事が死んだ所とか超泣いた。

南条くんってだれ?

>これはアトラスというちょっと変わった会社の作っている日本のRPG

俺の感覚ではアトラスより、残酷描写だらけのゲームばかりのベゼスタのほうが変わった会社なんだが。

※70
TESってなんだと思って調べてみたら「The Elder Scrolls」のことなのね。
俺はおっさんだからElder Scroll自体は知ってたけど、若い日本人ゲーマーには殆ど通じないでしょ。

それに超がつくほど長く続いてるシリーズだから、ペルソナシリーズより売れててもぜんぜん不思議ではないな。

>>71
それぺる1や。

ペルソナシリーズで一番の名作はペル1の漫画版

ペルソナはシリーズ全部好きだけど2のせつなさがたまらん

※74
それはひょっとしてギャグで言ってんのか・・・?
TESは4で爆売れして、今や世界で最も売れる有名シリーズの一つだぞ。
レトロゲーじゃなくて、むしろ最先端のゲームとして認識されてるよ。
若い日本人ゲーマーで名前知らん奴なんてほぼおらんだろ。

日本でも
P4G  20万本
TES5 25万本

なんかまた荒らし退治気取りで荒らしている奴がいるな

このブログをずっと監視しているんだな
時間が無限にあるんだね

洋ゲー厨は相変わらずキモいな
洋楽厨や海外サッカー厨とよく似ている

ただの洋ゲー厨じゃないぞ。
これは洋ゲー厨の中で、もっともニワカで有名なスカイリム厨さんや。
彼らのJRPGに対する憎しみは異常。

 

Forever Machoってw
何だかんだで3の方が好きだな、P4Gよりも無印の方が好きだし。
Gはさすがに明るくなりすぎた ポジティブそうに見えてネガティブな雰囲気が薄れたね
Personaシリーズは面白いけど、メガテン4が半端にペルソナチックにならないか不安だよ…それぞれ別の魅力があるし。
ま、そうなっても実質ストレンジジャーニーが4だったと思えば我慢できるけど。

Persona5は大人を出してほしいね。あと、戦闘システムを大幅に変えるのでなければ、3の散開システムを復活させるべきだ。
何故なくした?

流石にアイドルや七股は無理としても、固い友情で結ばれたリア充は現実にもいる。
リア充過ぎる描写を、「現実にあるわけ無い、全部オタクの妄想」として済ませるのは楽だけど、そこからは何も生まれない。
「キツネと酸っぱいブドウ」の話と同じ、ただの合理化の精神。
「こんな感じの友情を現実でも築いてみたい」と思えて、それを何かしらの行動に移すことが出来たのなら、人は変われるかもしれない。
友情だけじゃなく何にしたって行動しなければ変われない。絶対無理だと決め付けていた事に、頑張れば近づけるかもしれない。
何か行動を起こし続ける人生の方が、全部諦めて虚無感に沈んだまま、ただ生き続けるよりマシなはずだろう。
という事を教えてくれる良いゲームだと思った。

※78
無印で70万売たP4にその比較は無意味だろ

そんなに面白いのか!?

1や2が大好きで、3を見た瞬間に「もうペルソナ終わったな・・・・」と
思った俺でも4は面白いと思えるの?

つまんないよ アマゾンレビューに騙されるなよ

これが粘着アンチで有名なスカイリム厨かー。
永遠と荒らすところがキモイ。

オメー等アトラス社員の方がきめーンだよ

P4は外人の実況プレイ動画とかもあるし、ここみたいなサイトでも何度も海外の評価が紹介されてる。
しかし何が違うのかわからないって、そりゃ海外にはギャルゲーなんかないんだから、そういうパートは
新鮮だろうよw



>とかく叩いてる人

つまらないと思ったら離れればいいだけなのに、他の人も離れないと許さん、となる思考は病気だよ。
他の人に迷惑だし、君にとっても良くない。

いやいやパンダが出てきてクマー!とかやってるようなゲームだぞ
アマゾン見て買った人間としてはめちゃ腹立つ
大人がやるゲームじゃない
あとこれ作業ゲーで城の中ぐるぐる回って金貯めるんだがマジ糞だるいふざけろ

あとこれなんでアマゾンで星5つなんだよ
ふざけろ

現実逃避である、気持ちのいい妄想である
それがこのゲームの魅力だ
ってそれを客観的に認め、さらに公定しちゃうのは凄いなw

※85
無印は50万ぐらいじゃなかった?
海外販売や移植込みでようやく70万

海外の人にとっては
「ちょっと不思議な事が起きちゃうジャパンでの 僕の夏休み (拡大盤」
みたいなものだろう

せめて中盤くらいまで完全推理モノ、正しかろうが間違ってようが犯人選んで、
愚者の如くばく進→冤罪8割のマルチエンドにすればペルソナシリーズらしい
鬱気分が味わえたのに・・・

粘着アンチで有名なスカイリム厨に目を付けられたね。
彼らは難癖をつけてずーっと非難するよ。

ペルソナ3でガッキー先輩の励ましを聞いて本気で泣いたのは内緒

叩いてる奴って3DSで出たら大絶賛してるようなゲハカスなんでしょ?

洋ゲー()厨ってスカイリム()しか喚くこともない哀れなチン○スのことだろ?ほっとけよw

ペルソナ3面白いわー

学園ものとしてはリア充過ぎて初め馴染めない感じがしたけれど、進むにつれ承認が素直に受け入れられるようになった

最近になって3週目の途中またやり始めたが良く今までこれでクリア出来てたなと思うぐらいスキルとかが弱かったというか偏りがあったwwwww
攻略サイトみたら全くもってダメダメだったわ自分wwwwホントよくクリアーしてたなと疑問に思う

p3が厨二過ぎて鳥肌たったのに対してp4は学生時代が懐かしくなってプレイしてて苦しかった
5はゲーム離れ出来ないキモオタ社畜でも楽しくプレイ出来るのにしてね

>アトラスの翻訳家は『ペルソナ4』を英語にする上でとてつもない仕事を行っている。
>何もかもがきちんとリズムを踏んでるのだ。

ここは海外版をプレイしてない私が気づきようがない貴重な意見だ。

アトラスはメガテンでかなり聖書をディスってたので、
海外の人たちにたいしてぞんざいな態度を取ってる、
具体的には翻訳はクソみたいな質で取り組んでると思い込んでたわ。
少なくともペルソナ4の英語翻訳はしっかりしてるんだな~

ジュブナイルと謳ってるんだから大人が遊ぶものじゃないんだよな
というかシナリオは外注だし社外の人だよ
言ってしまえば翻訳だってローカライズ・カルチャライズ会社さんの力だよ
アトラス何してんだよ P5いつ出るんだよ

スタイリッシュだから買った、それだけ

5はその3と4をあっさり超えてきた

コメントの投稿

非公開コメント

(http~はブロックされます)






アクセスランキング ブログパーツ
最新コメント
月別アーカイブ
連絡
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

あすにゃろ

Author:あすにゃろ
海外の反応、たまにそれ以外の記事を載せていくつもりです
連絡がある方はこちらからお願いします。

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
nbsp;page_navi!--not_permanent_area-- name=nbsp;input type=